(オススメ 編集部から)牧師になった同性愛者

2017年12月10日

 平良愛香(たいらあいか)さんは男性同性愛者であることを公表し、牧師になった。日本では初めてだという。その歩みを『あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる』(学研プラス・1404円)に書いた。タイトル通り、気づいていない多くのことを軟らかな筆致で伝えてくれる。
 例えば、カップルでいると投げかけられる「どちらが彼氏ですか」という質問。私もしてしまいそうだ。平良さんは「どちらも彼氏ですよ」と答え、逆に、「せっかく同性カップルなのに、どうして異性カップルのまねをしないといけないのですか?」と質問者が押し付ける固定観念を問う。
 同性愛者として信仰をもつことの悩みや疎外感、今もある差別。苦難は多いが、カミングアウトを繰り返し、道を拓(ひら)いてきた。同じように悩む人を「あなたはあなたらしく生きていい」と励ましたくて牧師になった。その祈りは、社会から「いない」とされているあらゆる少数者に光を届けるはずだ。(星賀亨弘)

関連記事

ページトップへ戻る