広辞苑、誤り指摘の「LGBT」などを訂正 HPに掲載

2018年01月26日

 岩波書店は25日、10年ぶりに改訂した広辞苑第7版で語釈の誤りが指摘されていた「LGBT」と「しまなみ海道」について、新たな語釈を同社のホームページに掲載した。「訂正すべき項目はこの二つだけ」としている。
 LGBTは「広く、性的指向が異性愛でない人々や、性自認が誕生時に付与された性別と異なる人々」とした。発売済みの広辞苑には「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と記載され、「生まれた時の体の性別とは異なる生き方をするトランスジェンダーの説明になっていない」との指摘を受けていた。
 しまなみ海道は、実際には通らない周防大島を経由すると記載し、愛媛県今治市の「大島」と山口県南東部にある「周防大島」を間違えて載せていた。
 書店に並ぶ広辞苑について、同社は「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」としている。(塩原賢)

▼岩波書店https://www.iwanami.co.jp/

広辞苑 第七版(普通版)

著者:新村 出
出版社:岩波書店

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る