木村カエラさんら、読書の魅力伝える 2月に東京で講演や対談

2018年01月28日

 読書の魅力を講演会やセミナー形式で発信するイベント「築地本マルシェ」が2月17・18の両日、東京都中央区銀座8の21の1の「ベルサール汐留」で開かれる。
 17日は日中友好協会会長・丹羽宇一郎さんの基調講演「なぜ本を読むのか」、翻訳家の谷口由美子さんの講演「大草原のローラ物語」、歌人・穂村弘さんとビブリオバトル普及委員会代表・岡野裕行さんの対談「読書で広がり深まる世界」、EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチさんの「たちばな書店」など。
 18日は、歌手・木村カエラさんと絵本ナビ社長・金柿秀幸さんの対談「子どもたちにすてきな絵本の出会いを」、作家・川上未映子さんの講演「読書はわれわれの何を作るか」、文芸評論家・斎藤美奈子さんと吉村千彰・朝日新聞編集委員との対談「読書面の読み方・楽しみ方」など。
 いずれも無料、定員制。
 申し込み・詳細はhttp://www.asahi.com/ad/honmaruを参照。
 応募者多数の場合は抽選で招待状を発送する。出版社ブースでは児童書など厳選本を謝恩価格で販売する(申し込み不要)。問い合わせは03・5540・7749(平日午前10時~午後5時)。

関連記事

ページトップへ戻る