王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集

2018年05月12日

 『王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集』(九州大学出版会・6480円)が出版された。後年の作家による、悪名高きハッピーエンド版「リア王」などの4作品を収録。いずれも初の日本語訳で、鹿児島大教授らで構成された鹿児島近代初期英国演劇研究会が手がけた。改作が行われた歴史的な背景や当時の文学理論も解説。シェークスピアが敬愛されていたからこそ“現代化”されたことも強調している。

王政復古期シェイクスピア改作戯曲選集

著者:鹿児島近代初期英国演劇研究会
出版社:九州大学出版会

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る