ブーレーズ/ケージ往復書簡

2018年05月12日

 『ブーレーズ/ケージ往復書簡』(J・J・ナティエ/R・ピアンチコフスキ編、笠羽映子訳・6696円)をみすず書房が刊行した。科学技術や思想をとりこんだフランスの作曲家、指揮者ピエール・ブーレーズと、「4分33秒」などで知られる米国の音楽家、詩人ジョン・ケージ。現代音楽の巨人同士が1949年から82年にかけて交わした50通から、2人の息づかいが伝わってくる。

ブーレーズ/ケージ往復書簡

著者:ピエール・ブーレーズ、ジョン・ケージ、ジャン=ジャック・ナティエ、ロベール・ピアンチコフスキ、笠羽 映子
出版社:みすず書房

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る