ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした出版関係のニュースです。

「若さ」を軸に解いた 三浦雅士「青春の終焉」

「若さ」を軸に解いた 三浦雅士「青春の終焉」

 ずいぶん昔に書いたように感じられる不思議な本です。「青春」や「青年」という概念に注目すれば社会や文学をこれまでと違うように捉え直すことができる。そのアイデア自体は若い頃からずっと持っていたし、周囲にもよく話していた。だ………[もっと読む]

[文]高久潤 [掲載]2017年07月26日

(オススメ 編集部から )サバイバル登山家の小説

(オススメ 編集部から )サバイバル登山家の小説

 サバイバル登山家の服部文祥さんが、小説『息子と狩猟に』(新潮社・1728円)を出版した。装備を切り詰めて食料も山の中で調達する「サバイバル登山」を敢行してきた。一昨年、文芸誌「新潮」に「K2」を発表。昨年同誌に発表した………[もっと読む]

[文]真田香菜子 [掲載]2017年07月23日

叢書(そうしょ)「アナール 1929―2010」 歴史の対象と方法

叢書(そうしょ)「アナール 1929―2010」 歴史の対象と方法

 人間社会の総合的な解明をめざすフランス歴史学の「アナール」学派。その雑誌に掲載された重要論文を年代別に編んだ『叢書(そうしょ)「アナール 1929―2010」 歴史の対象と方法』全5巻が完結した。世界初、日本発のアンソ………[もっと読む]

[掲載]2017年07月23日

消えゆく太平洋戦争の戦跡

消えゆく太平洋戦争の戦跡

 『消えゆく太平洋戦争の戦跡』(同編集委員会編、1944円)が、山川出版社から刊行された。ハワイ、ガダルカナルなど太平洋や東南アジアの23地域に、日本列島、硫黄島、沖縄……。風雨にさらされ、消滅の危機にある「戦跡」の現状………[もっと読む]

[掲載]2017年07月23日

コミュニティ事典

コミュニティ事典

 『コミュニティ事典』が春風社から刊行された。執筆者は、編集委員の伊藤守、小泉秀樹両氏ら8人を含む284人。「コミュニティの思想と歴史」や「ボランティア、NPO、NGOとコミュニティ」など、15の大項目のもと、国のかたち………[もっと読む]

[掲載]2017年07月23日

Book & Review 「食の本」のレビュー募集 セレクターは恩田陸さん

Book & Review 「食の本」のレビュー募集 セレクターは恩田陸さん

 7月19日(水)より長年ご愛読いただきました「BOOK TiMES」をリニューアルし、新しくBook & Review(ブック アンド レビュー)がスタートいたしました。  Book & Reviewでは、毎月のテーマ………[もっと読む]

[掲載]2017年07月21日

芥川賞に沼田真佑さん 直木賞に佐藤正午さん

芥川賞に沼田真佑さん 直木賞に佐藤正午さん

 第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に沼田真佑(しんすけ)さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)、直木賞に佐藤正午(しょうご)さん(61)………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

「見る」本当の意味を問う 谷崎由依「囚われの島」

「見る」本当の意味を問う 谷崎由依「囚われの島」

 翻訳家としても活躍する作家、谷崎由依さんの小説『囚(とら)われの島』(河出書房新社)が刊行された。主な舞台は現代の日本。けれど物語にはかつて養蚕で栄えた小さな村の伝承、そしてギリシャ神話までが複雑に絡んで、謎と深みに読………[もっと読む]

[文]柏崎歓 [掲載]2017年07月19日

サージェント・ペパー50年

サージェント・ペパー50年

 世界の音楽シーンに大きな影響を与えたザ・ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の1967年のリリースから50年を記念して、『サージェント・ペパー50年』(マイク・マッキナニーほ………[もっと読む]

[掲載]2017年07月16日

日本の原風景 城

日本の原風景 城

 日本の130ほどの城の写真を収録した『日本の原風景 城』(森田敏隆・宮本孝廣写真)が、光村推古書院から刊行された。江戸幕府と大名の城以外にも、五稜郭ほかの城・史跡も。3024円。[もっと読む]

[掲載]2017年07月16日

日本の音楽家を知るシリーズ 伊福部昭

日本の音楽家を知るシリーズ 伊福部昭

 「日本楽壇とゴジラ音楽の巨匠」と銘打ったムック『日本の音楽家を知るシリーズ 伊福部昭』(小林淳著)が、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスから刊行された。生き方やその音楽を写真とともに解説。1944円。………[もっと読む]

[掲載]2017年07月16日

(オススメ 編集部から )「津島佑子コレクション」刊行始まる

(オススメ 編集部から )「津島佑子コレクション」刊行始まる

 昨年他界した作家、津島佑子さんをしのぶ選集「津島佑子コレクション」(人文書院)の刊行が始まった。残された約40作品を、その文学に大きな影響を与えた私生活の出来事にそって3テーマ(息子の死、母との関係、父・兄の死)に分け………[もっと読む]

[文]板垣麻衣子 [掲載]2017年07月16日

繰り返す悲しみ、それでも 宮内勝典新刊

繰り返す悲しみ、それでも 宮内勝典新刊

 読売文学賞を受けた『焼身』など、世界の現実と向き合う小説を書いてきた宮内勝典(かつすけ)さんの新刊『永遠の道は曲(まが)りくねる』(河出書房新社)が出た。人類が繰り返す惨劇、そしてなお輝き続ける生命の美しさを、刻みつけ………[もっと読む]

[掲載]2017年07月12日

(オススメ 編集部から )歌舞伎をもっと楽しもう

(オススメ 編集部から )歌舞伎をもっと楽しもう

 歌舞伎人気が高い。何度か見て、もっと知りたいという向きに役立ちそうなのが、矢内賢二著『ちゃぶ台返しの歌舞伎入門』(新潮選書・1296円)。きれいな舞台にうっとりするだけでもかまわないが、独特な約束事や決まりを知っていれ………[もっと読む]

[文]大上朝美 [掲載]2017年07月09日

世界の廃墟・遺跡60

世界の廃墟・遺跡60

 『世界の廃墟・遺跡60』(リチャード・ハッパー著、渡邉研司訳)が東京書籍から刊行された。朽ち果てた自動車工場が残る米国のデトロイト、未完成のままのキューバのフラグア原発1号機、閉園した遊園地・奈良ドリームランドなど60………[もっと読む]

[掲載]2017年07月09日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る