ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした出版関係のニュースです。

図説 鉄道の博物誌

図説 鉄道の博物誌

 日本最古の蒸気機関車やケーブルカーなど、日本の鉄道技術の歩みをまとめた『図説 鉄道の博物誌』(石田正治、山田俊明編著)が秀和システムから刊行された。日本機械学会が認定している機械遺産の、鉄道関連のものを核として、“もの………[もっと読む]

[掲載]2017年05月21日

世界で一番美しいフクロウの図鑑

世界で一番美しいフクロウの図鑑

 50種を超えるフクロウの生態をカラー写真とともに紹介する『世界で一番美しいフクロウの図鑑』(マイク・アンウィン著、デヴィッド・ティプリングほか写真、五十嵐友子訳)がエクスナレッジから刊行された。世界各地の保護団体や、フ………[もっと読む]

[掲載]2017年05月21日

日本全国 合成地名の事典

日本全国 合成地名の事典

 複数の地名から文字の一部をとって組み合わせた地名などを紹介する『日本全国 合成地名の事典』(浅井建爾著)が東京堂出版から刊行された。東京の大田区(大森区の「大」と蒲田区の「田」をとって命名)のような例を都道府県別に紹介………[もっと読む]

[掲載]2017年05月21日

(オススメ 編集部から)50年代の欧米クラシック音楽

(オススメ 編集部から)50年代の欧米クラシック音楽

 海外渡航が夢のまた夢だった1950年代。本場のクラシック音楽を体験すべく、吉田秀和、山根銀二ら音楽関係者が米国や共産圏を含む欧州を長期周遊した。彼らはトスカニーニやフルトベングラー、カラヤンやM・カラスらの演奏を聴き、………[もっと読む]

[文]依田彰 [掲載]2017年05月21日

小説も料理も適量って難しい 柚木麻子「BUTTER」

小説も料理も適量って難しい 柚木麻子「BUTTER」

 作家、柚木麻子さんの新刊『BUTTER(バター)』(新潮社)は、首都圏連続不審死事件をモチーフにした長編小説だ。法廷やブログで被告が見せた欲望を抑えない生き方は、世の女性たちを戸惑わせた。「被害者の家族や周りの女性が気………[もっと読む]

[文]中村真理子 [掲載]2017年05月17日

東日本大震災と〈復興〉の生活記録

東日本大震災と〈復興〉の生活記録

 『東日本大震災と〈復興〉の生活記録』(吉原直樹、似田貝香門、松本行真編著、六花出版)が刊行された。甚大な被害から導き出された教訓をもとに、巨大複合災害に対する防災、減災の課題と展望を論じた29本の論考が掲載されている。………[もっと読む]

[掲載]2017年05月14日

モーツァルトの人生―天才の自筆楽譜と手紙

モーツァルトの人生―天才の自筆楽譜と手紙

 世界中で愛されている音楽家の素顔と創作の秘密に迫る『モーツァルトの人生 天才の自筆楽譜と手紙』(ジル・カンタグレル著、博多かおる訳、西村書店)が出た。「フィガロの結婚」「レクイエム」などの自筆楽譜、妻や父宛ての便りや友………[もっと読む]

[掲載]2017年05月14日

希望の鎮魂歌(レクイエム)

希望の鎮魂歌(レクイエム)

 ポーランドでナチスの迫害を生き延びた両親を持つ作家エヴァ・ホフマンが、広島と長崎で被爆者らと交流し『希望の鎮魂歌(レクイエム)』(早川敦子編訳、岩波書店)を刊行した。福島の被災地にも足を運び、「安らぎ」について考える。………[もっと読む]

[掲載]2017年05月14日

(オススメ 編集部から)恐竜博士が名作絵本を紹介 最新の知見も

(オススメ 編集部から)恐竜博士が名作絵本を紹介 最新の知見も

 恐竜博士が最新の研究をもとに名作絵本を紹介する『深読み!絵本「せいめいのれきし」』(岩波科学ライブラリー・1620円)。著者は国立科学博物館の真鍋真博士。バージニア・リー・バートンの絵本『せいめいのれきし』改訂版(岩波………[もっと読む]

[文]中村真理子 [掲載]2017年05月14日

自意識という劇場を経てみて 又吉直樹、新作語る

自意識という劇場を経てみて 又吉直樹、新作語る

 お笑い芸人で作家の又吉直樹さん(36)の芥川賞受賞後第1作となる小説『劇場』(新潮社)が11日、刊行される。芥川賞受賞から2年。次作への焦りと重圧の中、「納得できるものにしたい」と歳月を費やして、ものにした力作だ。  ………[もっと読む]

[文]板垣麻衣子 [掲載]2017年05月10日

場面設定類語辞典

場面設定類語辞典

 「田舎道でタイヤがパンク」「埋め立て処理場で死体発見」など、映画や小説でありがちな場面設定の事例集をあつめたユニークな辞典、『場面設定類語辞典』(滝本杏奈訳・フィルムアート社)が刊行された。カナダ在住の作家アンジェラ・………[もっと読む]

[掲載]2017年05月07日

男らしさの歴史 II

男らしさの歴史 II

 「男らしさ」の規範が時代によっていかに変遷してきたか。フランスの研究者たちが全3巻で解き明かすシリーズの第2弾、『男らしさの歴史 2』(小倉孝誠監訳・藤原書店)が出た。パリ第1大学教授のアラン・コルバンらが、「男らしさ………[もっと読む]

[掲載]2017年05月07日

ハンドブック戦後日本外交史―対日講和から密約問題まで

ハンドブック戦後日本外交史―対日講和から密約問題まで

 敗戦から立ち上がった日本は、賠償問題や安全保障、通商摩擦などの課題といかに向き合ったか。政治学者の宮下明聡が、『ハンドブック戦後日本外交史―対日講和から密約問題まで―』(ミネルヴァ書房)で、時系列に並べた82の事例に添………[もっと読む]

[掲載]2017年05月07日

(オススメ 編集部から)日本の近代を築いた本

(オススメ 編集部から)日本の近代を築いた本

 幕末から現代まで、時代と切り結んだ出版物を紹介する図鑑『日本の時代をつくった本』(WAVE出版、9720円)は刺激的だ。本の解説に加えて時代背景が解き明かされているので、社会史・文化史・思想史としても楽しめる。  例え………[もっと読む]

[文]西秀治 [掲載]2017年05月07日

気張らず無理せず300話 平岩弓枝さん「御宿かわせみ」シリーズ

気張らず無理せず300話 平岩弓枝さん「御宿かわせみ」シリーズ

 江戸時代から営まれる、小さな旅宿を舞台にした平岩弓枝さんの「御宿かわせみ」シリーズ。その最新作『青い服の女』(文芸春秋、1512円)が刊行され、300話に到達した。始まりは44年前。「こんなに長く書くことになるとは思い………[もっと読む]

[文]木元健二 [掲載]2017年04月30日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る