ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした出版関係のニュースです。

シャーロック・ホームズ 完全ナビ

シャーロック・ホームズ 完全ナビ

 コナン・ドイルのホームズの物語全60編の概要を紹介する『シャーロック・ホームズ 完全ナビ』(ダニエル・スミス著、日暮雅通訳)が国書刊行会から刊行された。著者は英国のノンフィクション作家でフリーの編集者。英グラナダ・テレ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月27日

集英社出版四賞が贈賞式 現役高校生らが受賞

集英社出版四賞が贈賞式 現役高校生らが受賞

 集英社出版四賞(柴田錬三郎賞、すばる文学賞、小説すばる新人賞、開高健ノンフィクション賞)の平成28年度の贈賞式が18日、東京都内のホテルで行われた。柴田錬三郎賞は井上荒野さん、すばる文学賞は春見朔子さん、同佳作はふくだ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月21日

日本生活史辞典

日本生活史辞典

 『日本生活史辞典』(木村茂光ほか編、吉川弘文館)が刊行された。衣食住から生活用品、家族、労働、遊び、大衆文化、教育など多様な分野の約2700項目を収録。民衆・市民の視点を重視し、「ふつうの生活」の成り立ちと変化を解説す………[もっと読む]

[掲載]2016年11月20日

フォトミュージアム 世界の廃墟図鑑 産業・科学・文化遺産

フォトミュージアム 世界の廃墟図鑑 産業・科学・文化遺産

 『フォトミュージアム 世界の廃墟図鑑 産業・科学・文化遺産』(キーロン・コノリー著、岡本千晶訳、原書房)は、英国にある冷戦時代の核シェルターや、火山灰に埋もれたカリブ海の島の裁判所庁舎、チェルノブイリ原発事故後の立ち入………[もっと読む]

[掲載]2016年11月20日

ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか 宇宙開闢(かいびゃく)から138億年の「人間」史

ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか 宇宙開闢(かいびゃく)から138億年の「人間」史

 『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか 宇宙開闢(かいびゃく)から138億年の「人間」史』(デヴィッド・クリスチャンほか著、長沼毅・日本語版監修、石井克弥ほか訳)は明石書店が刊行。138億年前のビッ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月20日

(オススメ 編集部から)ポップな60年代

(オススメ 編集部から)ポップな60年代

 『60年代ポップ少年』はコラムニスト亀和田武さんが、12歳から22歳の1960年代を振り返った本(小学館・1782円)。60年代に遭遇した「ジャズもマンガも、全共闘もSFも」全部が自分にとってはポップ文化だったという。………[もっと読む]

[文]大上朝美 [掲載]2016年11月20日

羽田圭介・武田砂鉄さんがトーク&サイン会 東京・渋谷

羽田圭介・武田砂鉄さんがトーク&サイン会 東京・渋谷

 芥川賞受賞作『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)から16カ月ぶりの新作となる、羽田圭介著『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(講談社)の刊行を記念して、11月19日午後3時からトーク&サイン会が「HMV&BOOKS………[もっと読む]

[掲載]2016年11月18日

「死の棘」の闘い 島尾ミホ評伝 梯久美子「狂うひと」

「死の棘」の闘い 島尾ミホ評伝 梯久美子「狂うひと」

 戦後を代表する小説の一つ『死の棘(とげ)』の作家・島尾敏雄の妻、島尾ミホ(1919~2007)の評伝『狂うひと』(新潮社)が出た。ノンフィクション作家の梯(かけはし)久美子さんは夫妻の日記や草稿など膨大な未公開資料によ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月16日

母がほめて育ててくれたから ぼくは描き続けてこられた

母がほめて育ててくれたから ぼくは描き続けてこられた

■絵本作家・山口マオさん  3歳くらいから、家に遊びに来た祖母を座らせては、肖像画家気どりで似顔絵を鉛筆で描くのが恒例でした。  絵に限らず一つのことを長く続けるのは、大変ですよね。思うようにできなかったり伸び悩んだり。………[もっと読む]

[掲載]2016年11月15日

宇沢弘文傑作論文全ファイル

宇沢弘文傑作論文全ファイル

 数理経済学者として業績を上げ、水俣病や成田空港など、環境、医療、教育問題にも取り組んだ宇沢弘文(1928~2014)。その学問のエッセンスをまとめた『宇沢弘文傑作論文全ファイル』(東洋経済新報社・4860円)が出た。「………[もっと読む]

[掲載]2016年11月13日

沖浦和光著作集

沖浦和光著作集

 辺境や都市、島々を歩き、日本文化の深層に迫った民俗学者・沖浦和光(かずてる)(1927~2015)。単行本未収録の論稿を中心に、その足跡をたどる『沖浦和光著作集』全6巻が出始めた。既刊は第4巻『遊芸・漂泊に生きる人びと………[もっと読む]

[掲載]2016年11月13日

人種神話を解体する

人種神話を解体する

 “みえない人種主義(レイシズム)”を解き明かす共同研究『人種神話を解体する』全3巻(竹沢泰子・斉藤綾子ら編)が刊行中だ。アイヌ、沖縄、被差別部落、「ハーフ」など、日本と世界をつなげ、学際的に探究。既刊は1巻『可視性と不………[もっと読む]

[掲載]2016年11月13日

(オススメ 編集部から)児童書を選ぶ基準

(オススメ 編集部から)児童書を選ぶ基準

 次々に出版される児童書を、どんな基準で選んだらよいのか。図書館員らから「基本に立ち返らせてくれる」書と言われてきた『児童文学論』(リリアン・H・スミス著、石井桃子・瀬田貞二・渡辺茂男訳、1447円)が岩波現代文庫になっ………[もっと読む]

[文]佐々波幸子 [掲載]2016年11月13日

離婚した側室が語る溥儀の孤独 浅田次郎「天子蒙塵」

離婚した側室が語る溥儀の孤独 浅田次郎「天子蒙塵」

 中国・清を描く浅田次郎さんの代表作「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」シリーズの最新作『天子蒙塵(もうじん)』(講談社)が、刊行された。舞台は満州国の建国前夜。最後の皇帝溥儀(プーイー)の側室であり、史上初めて中華皇帝………[もっと読む]

[掲載]2016年11月09日

クレージーマンガ

クレージーマンガ

 クリ・ヨウジの新作描き下ろし漫画集『クレージーマンガ』がふゅーじょんぷろだくとから発売された。世界的なアニメーターとして一時代を画し、今年88歳になった著者が戦争や政治、男と女、老人の性や原発などをテーマに取り組んだ。………[もっと読む]

[掲載]2016年11月06日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る