ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした出版関係のニュースです。

地球から月へ 月を回って 上も下もなく

地球から月へ 月を回って 上も下もなく

「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」全5巻(インスクリプト)の刊行が始まった。初回配本はガン・クラブ3部作を収めた『地球から月へ 月を回って 上も下もなく』(石橋正孝訳・解説、6264円)。19世紀に刊行された………[もっと読む]

[掲載]2017年02月12日

日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の身装

日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の身装

『日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の身装』(大丸弘、高橋晴子著、三元社)が出版された。明治維新から約80年間の日本人の身体と装いのあり方を、服装や髪形だけでなく、入浴や排泄(はいせつ)など245項目について解………[もっと読む]

[掲載]2017年02月12日

ヴィジュアル版 ラルース 新版地図で見る国際関係 現代の地政学

ヴィジュアル版 ラルース 新版地図で見る国際関係 現代の地政学

『ヴィジュアル版 ラルース 新版地図で見る国際関係 現代の地政学』(イヴ・ラコスト著、猪口孝日本語版監修、大塚宏子訳)が原書房から出た。地政学の観点から描かれた150枚を超す地図を組み合わせ、各国の情勢を視覚化した。62………[もっと読む]

[掲載]2017年02月12日

ネットで作家を発掘、本に 幻冬舎流「電子と紙の融合」

ネットで作家を発掘、本に 幻冬舎流「電子と紙の融合」

 出版大手の幻冬舎は、方向性が一見まったく異なる二つの事業を、同じ昨年10月27日に立ち上げた。一つは文芸小説の投稿サイト「ピクシブ文芸」。もう一つは初めて社名を冠した月刊文芸誌「小説幻冬」だ。  ピクシブ文芸は、ネット………[もっと読む]

[掲載]2017年02月10日

電子に行く才能、取りこぼさない 幻冬舎・見城徹社長

電子に行く才能、取りこぼさない 幻冬舎・見城徹社長

 文芸誌「小説幻冬」と、ネットを使った文芸投稿サイト「ピクシブ文芸」を同時に立ち上げた幻冬舎の見城徹社長に、電子時代の出版社の生き残り策を聞いた。(インタビューは2017年1月11日)  ――出版不況のなか、あえて昨年1………[もっと読む]

[掲載]2017年02月10日

読者獲得、ビギナーズラックだった 作家・藤井太洋さん

読者獲得、ビギナーズラックだった 作家・藤井太洋さん

 電子書籍の個人出版で作家デビューを果たした作家の藤井太洋さんに電子書籍の利点と課題を聞いた。(インタビューは2016年12月27日、17年1月12日)  ――デビュー作のSF小説「Gene Mappaer(ジーン・マッ………[もっと読む]

[掲載]2017年02月10日

又吉直樹、「文学界」に次作への心境

又吉直樹、「文学界」に次作への心境

 「火花」で一昨年夏に芥川賞を受賞した又吉直樹さんが、次作を執筆中だ。7日に発売された「文学界」3月号(文芸春秋)で執筆に臨む心境を明らかにしている。  又吉さんは12ページにわたるインタビューで、現在次作の終盤で書き直………[もっと読む]

[掲載]2017年02月08日

治天のまなざし、王朝美の再構築 鎌倉・南北朝時代

治天のまなざし、王朝美の再構築 鎌倉・南北朝時代

 古代から近代まで、天皇が関わった美術品を題材に、権力と造形の関係を探る『天皇の美術史』全6巻(吉川弘文館)の刊行が始まった。天皇の権威に「かたち」を与えた美術作品を通史的にたどる。既刊は第2巻『治天のまなざし、王朝美の………[もっと読む]

[掲載]2017年02月05日

シベリア抑留関係資料集成

シベリア抑留関係資料集成

 シベリア抑留に関する資料をまとめた、富田武・長勢了治編『シベリア抑留関係資料集成』(みすず書房・1万9440円)が刊行された。抑留に至る経緯、各地域の抑留の実態、帰還と帰還後の問題などについて、旧ソ連の資料も含め、19………[もっと読む]

[掲載]2017年02月05日

名探偵ホームズ全集

名探偵ホームズ全集

 コナン・ドイル原作『名探偵ホームズ全集』(作品社)の刊行が始まった。かつて多くの小学校の図書室などにあった、小説家・山中峯太郎訳のポプラ社版・全20巻を、全3巻として復刻。平山雄一氏による注がつく。第1巻は「深夜の謎」………[もっと読む]

[掲載]2017年02月05日

「作品に登場する曲と音源をリンクさせたい」 片岡さん

「作品に登場する曲と音源をリンクさせたい」 片岡さん

 2015年7月に公式サイト「片岡義男.com」を開設し、「片岡義男 全著作電子化計画」を進める作家・写真家の片岡義男さん(77)に、電子化への思いや、今後の取り組みについて聞きました。  ――これまでにデビュー作『白い………[もっと読む]

[掲載]2017年01月29日

谷川俊太郎さん・片岡義男さん 電子書籍化、決断のワケ

谷川俊太郎さん・片岡義男さん 電子書籍化、決断のワケ

 詩人の谷川俊太郎さん(85)と作家・写真家の片岡義男さん(77)が、既刊作品のほぼ全てを電子化することを決めた。朗読や書き下ろしなどの「特典」もつき、価格も安い。電子書籍市場になぜ本格参入するのか、2人に聞いた。 ■「………[もっと読む]

[掲載]2017年01月29日

短歌で読む哲学史

短歌で読む哲学史

 山口拓夢著『短歌で読む哲学史』が田畑書店から「田畑ブックレット」の第1弾として出た。ギリシャ時代から現代までの主な西洋哲学者の思想や学説の流れを、五七五七七の短歌とともに解説。例えばレヴィ=ストロースの構造主義について………[もっと読む]

[掲載]2017年01月29日

歌舞伎の音楽・音

歌舞伎の音楽・音

 配川美加著『歌舞伎の音楽・音』が音楽之友社から出た。出囃子(でばやし)、浄瑠璃、効果音など歌舞伎に関する音楽と音の全体像を詳述。演奏家などにも取材し、資料も豊富。観劇の楽しみが深まりそうだ。4860円。[もっと読む]

[掲載]2017年01月29日

夢 夏目漱石・芥川龍之介ほか/獣 太宰治・宮沢賢治ほか

夢 夏目漱石・芥川龍之介ほか/獣 太宰治・宮沢賢治ほか

 東雅夫編「文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション」シリーズを刊行中の汐文社から、『夢 夏目漱石・芥川龍之介ほか』に続き、『獣 太宰治・宮沢賢治ほか』が出た。各1728円。編者は、日本の古今の文豪による怖い話や不思議な話を通………[もっと読む]

[掲載]2017年01月29日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る