2006年09月02日18時59分のアサヒ・コム
		アサヒ・コムBOOK

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbeどらく

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  BOOK > ひと・流行・話題記事

ひと・流行・話題

萌え・青春…物語作りに「王道感」 涼宮ハルヒ人気絶頂

2006年08月30日

 「涼宮(すずみや)ハルヒ」の勢いが止まらない。といっても、だれそれ? と思う人が多いはず。

 小説『涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)』(谷川流(ながる)著、角川スニーカー文庫)の勝ち気なヒロイン。高校入学時のあいさつは「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)なるクラブを作り、手前勝手な企画を立てては、周囲を巻き込むドタバタ劇を繰り広げる。

 少年少女向け小説で、03年6月の発売から今年3月まで7巻累計130万部。この春からのテレビアニメ放映で人気に拍車がかかり、半年足らずで累計280万部に達した。放映終了後も、2話ずつを収めたDVD(1巻を除く)が順次発売中で、各巻約4万枚ずつ売れている(オリコン調べ)。

 ヒットの理由を、角川書店第二編集部の坂本浩一さんは「どこからでも入れる間口の広さ」と話す。SF的設定やミステリー的状況が混じり合った物語が、哲学的、人生訓的ぼやきだらけの語り部役男子「キョン」の一人称で語られる。

 ハルヒを筆頭に、SOS団メンバーの「キャラ立ち」ぶりもすごい。無表情で、分厚いSFの原書などを読んでいる元「眼鏡っ子」。部室に古今東西のボードゲームを持ち込みキョンに負け続けるニヒルな二枚目。そしてハルヒから、メード服などの「制服」を強制的に着せられる童顔豊乳の上級生といった案配。

 SFやミステリーという衒学(げんがく)的要素にキャラクターの萌(も)え要素、そして、だれもが一度は通過した青春。いまどきの人気のツボを抑えまくった物語作りには、「王道感」が漂う。キョンの口調をまねて、「学生時代のオレなら食い付くだろうさ」と言いそうになる代物だ。


ここから広告です
広告終わり

関連情報

書籍詳細

表紙画像

涼宮ハルヒの憂鬱

  • 著者: 谷川 流
  • 出版社: 角川書店
  • ISBN: 4044292019
  • 価格: ¥ 540

別ウインドウで開きますこの本を購入する ヘルプ

powered by amazon.co.jp

 
ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.