現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. BOOK
  4. コミックガイド
  5. 記事

奇跡のヒト 1・2 [原作]土屋ガロン [漫画]張慶二郎

[掲載]2008年8月3日

  • [評者]ササキバラ・ゴウ

 もし20年前の自分が現在にタイムスリップしたとしたら、その目に今の社会はどんなふうに映るだろうか。そんな現代の浦島太郎物語を描くのが本作だ。

 人工冷凍冬眠の実験台にされた主人公は、20年間眠りつづけた後、奇跡的に蘇生に成功する。20年の間に何があったのか、彼は知らない。震災も、地下鉄テロ事件も、9・11も、知りはしない。しかし、さまざまな出来事の帰結として、今の日本の社会の様相が、目の前にある。それを彼は率直に体験し、ここ20年の日本に対するアウトサイダーの視点から、現在のありさまをとらえ直していく。

 どこかコミカルなムードを漂わせる一方で、今に対する直感的な苛立(いらだ)ちと反発を隠さず、「この社会に適応したくない」という主人公の態度は、時代の空気と、どこまでもなじまない。いつの間にか大きく様変わりしたこの社会に、我々は本当に適応できているのか? 時代遅れの感覚を手放さず、ブレずに駆け抜けていく彼は、そんな「ズレ」をどこまでも掘り起こして見せる。

 主人公が冷凍された背景をめぐってミステリアスなドラマが展開される一方で、時代状況に対する彼の「あらがい」は続く。その疾走は、果たしてどこまで続くのか。適応しきれない「今」の中にも、それでもなお、価値のある何かを見出(みいだ)すことができるのか。スリリングな展開の先行きが楽しみである。

    ◇

 週刊「コミックバンチ」で連載中。

表紙画像

奇跡のヒト 1 (1) (BUNCH COMICS)

著者:土屋 ガロン

出版社:新潮社   価格:¥ 530

表紙画像

奇跡のヒト 2 (2) (BUNCH COMICS)

著者:土屋 ガロン

出版社:新潮社   価格:¥ 530

検索フォーム
キーワード: