電子書籍ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした、電子書籍関係のニュースです。

電子書籍大手のコボとアマゾン、相次ぎ新製品 電子書籍専用端末とタブレット、計11機種

電子書籍大手のコボとアマゾン、相次ぎ新製品 電子書籍専用端末とタブレット、計11機種

 インターネット通販国内最大手・楽天の子会社・コボ(本社:カナダ・トロント)と世界最大手のアマゾン(本社:米シアトル)が、電子書籍端末とタブレットの新製品を相次いで発表した(写真1、2)。写真特………[もっと読む]

[文]林 智彦  [掲載]2012年09月07日

三浦綾子の全作品を電子書籍化 小学館、絶版作含め

三浦綾子の全作品を電子書籍化 小学館、絶版作含め

 「氷点」などで知られる作家三浦綾子(1922~99)の全80作品が10月から来年6月にかけて、小学館によって電子書籍化されることになった。絶版となった38作品も含まれる。三浦綾子が生涯を送った………[もっと読む]

[掲載]2012年09月12日

「コボ」の対抗馬 ブックライブの電子書籍専用端末――国際電子出版EXPO

「コボ」の対抗馬 ブックライブの電子書籍専用端末――国際電子出版EXPO

 電子書籍専用端末の発売が相次いで発表されるなか、東京ビッグサイトで7月4日、電子書籍関連の展示会「第16回 国際電子出版EXPO」が開幕した。写真特集は"target="_blank"class="Blank">こちらから■目玉は「………[もっと読む]

[掲載]2012年07月04日

電子書籍、街の本屋さんで 実物立ち読み→レジで代金

電子書籍、街の本屋さんで 実物立ち読み→レジで代金

■トーハン、年内に3000店にシステム 出版取次大手のトーハン(本社・東京都)は、取引がある全国の書店のうち約3千店で、電子書籍を店頭販売できるシステムを年内に立ち上げる方針を固めた。棚から棚へ………[もっと読む]

[文]赤田康和  [掲載]2012年09月02日

日本人初? 「コボ」「キンドル」でデビューした新人作家が1位を獲得するまで

日本人初? 「コボ」「キンドル」でデビューした新人作家が1位を獲得するまで

 7月19日にサービスを開始したネット通販大手・楽天の電子書籍サービス「コボ」の書店で、これまで見たことがない著者の書籍が、複数ジャンルのランキング上位に入っているのを見つけた。作品の名前は「Gen………[もっと読む]

[文]林 智彦  [掲載]2012年08月28日

「ハリー・ポッター」日本語版電子書籍を「リーダー」「コボタッチ」「iPad」で読んでみた!

「ハリー・ポッター」日本語版電子書籍を「リーダー」「コボタッチ」「iPad」で読んでみた!

 全世界でシリーズ総計4億5000万部以上を売り上げたといわれ、67カ国語に翻訳されたベストセラー「ハリー・ポッター」の日本語版電子書籍が、7月31日にオープンした作者J・K・ローリング氏のサイ………[もっと読む]

[文]林 智彦  [掲載]2012年08月03日

出版社「紙も電子も」時代 新作を同時発売

出版社「紙も電子も」時代 新作を同時発売

 楽天やアマゾンなどの電子書籍市場参入が秒読みになる中、人気作家の最新作を「紙と電子で同時発売」する試みが始まっている。「出版社は紙の本の市場が縮むのを恐れ新作の電子化に及び腰」という従来のイメ………[もっと読む]

[掲載]2012年07月12日

楽天、電子書籍専用端末「コボ タッチ」7980円 7月19日出荷

楽天、電子書籍専用端末「コボ タッチ」7980円 7月19日出荷

 インターネット通販国内最大手の楽天は7月2日、都内で記者会見し、電子書籍専用端末「コボ タッチ(koboTouch)」を19日から出荷すると発表した。価格は7980円で、三木谷浩史社長が「挑戦的な価格」と………[もっと読む]

[掲載]2012年07月02日

アマゾンジャパン 「キンドル」日本発売をサイトで予告

アマゾンジャパン 「キンドル」日本発売をサイトで予告

 日本への提供開始時期が注目されている「キンドル」(ネット通販最大手の米・アマゾンの電子書籍端末)について、アマゾンジャパンは6月26日、同社のサイト(http://www.amazon.co.jp/)で、「近日発売」という案………[もっと読む]

[文]林 智彦  [掲載]2012年06月26日

〈本の舞台裏〉電子書籍で蘇生する

〈本の舞台裏〉電子書籍で蘇生する

 電子書籍に力を入れている講談社が、紙の本で出版した『天皇の歴史』シリーズ全10巻を電子化した。コミックが高い割合を占める電子書籍市場のなかで、古代から昭和まで天皇を通じて日本を読み解く硬派の歴………[もっと読む]

[文]赤田康和  [掲載]2012年06月17日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ