現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. BOOK
  4. 出版ニュース
  5. 記事

hon.jp、書店の在庫情報検索サービス開始

2008年7月11日

写真検索結果画面に電子書籍と書店の情報が同時に表示される写真書店の所在地を地図で確認できる

 この本を書店に行って今、購入したい。しかし、店に行っても在庫があるかどうか心配だ――。こんな時、携帯を使って瞬時に取り扱い書店を探し出してくれる書籍検索サービスの提供が10日から始まった。

 サービスを開始したのは株式会社hon.jp(東京都千代田区)。電子書籍検索サイトをバージョンアップし、携帯端末のGPS機能を使って書店の在庫情報をエリアごとに検索できる。

 使い方は簡単だ。まず、GPS搭載の携帯端末でhon.jpのサービスにアクセスし、自分の位置情報を取得する。その後、探したい本のタイトル、著者名、出版社名などのキーワードを入れて本を検索。在庫がある書店の所在地を表示する。同時に電子書籍化されている作品も表示される。ここで電子書籍だけを購入することも可能だ。

 東京山手線圏内では半径2キロ以内、それ以外では半径5キロ以内の登録書店が表示される。また、書店の住所や電話番号などの情報に加え、所在地が地図で表示されるため、地図を見ながら書店に買いに行くことができるから便利だ。

 登録されている書店は紀伊国屋書店、三省堂書店、丸善、旭屋書店池袋店、ジュンク堂池袋本店の計123店舗(08年7月10日現在)。

 書籍ではネットによる取り寄せサービスなどがすでに定着しているが、わざわざ書店に出向いて購入することについて代表取締役社長の落合早苗さんは「足を運ぶことで、思いもしなかった本に偶然出会うこともある。そんな機会を電子書籍ユーザーにも知って欲しい」と説明している。 

 ユーザーは、電子書籍と紙の書籍を目的に応じて使い分けることができる。

 このサービスで、ユーザーは携帯端末で見たい書籍、紙の書籍で読みたい書籍と使い分けることができる。

検索フォーム
キーワード: