文芸

春に散る(上・下) [著]沢木耕太郎/大鮃 [著]藤原新也

春に散る(上・下) [著]沢木耕太郎/大鮃 [著]藤原新也

■小説で問う「世代交代」の意味 日本のノンフィクション界を代表する二人が相前後して新作を刊行した。 『春に散る』は元ボクサー四人の物語。本紙連載を元とする作品だ。渡米していた一人の帰国から仲間が………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2017年03月19日
[ジャンル]文芸 

狩人の悪夢 [著]有栖川有栖

狩人の悪夢 [著]有栖川有栖

■謎解きと人間ドラマ美しく融合 犯罪社会学者の火村英生と著者と同名のミステリー作家(通称アリス)が、難事件に挑む人気シリーズの最新作は、著者の作品の中でも屈指の完成度である。 アリスは、ホラー作………[もっと読む]

[評者]末國善己 (文芸評論家)
[掲載]2017年03月12日
[ジャンル]文芸 

こびとが打ち上げた小さなボール [著]チョ・セヒ

こびとが打ち上げた小さなボール [著]チョ・セヒ

■負の連鎖を断ち切るための祈り 長年、韓国と日本の文学の関係は非対称で、韓国は日本の文学を翻訳するが、日本は韓国の文学をあまり翻訳してこなかった。21世紀になってから状況は変化し、ここ5年ぐらい………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2017年03月12日
[ジャンル]文芸 

覗くモーテル 観察日誌 [著]ゲイ・タリーズ

覗くモーテル 観察日誌 [著]ゲイ・タリーズ

 覗(のぞ)き穴を作り、モーテル利用客の姿を20年以上も覗き続けた男がいた。本書は彼が記した観察日記を紹介しつつ、著者と希代の覗き魔との交流を描く。 一読して「ニュージャーナリズム」の時代の産物………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2017年03月12日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝 

騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編 [著]村上春樹

騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編 [著]村上春樹

■「穴」にどっぷり、ハルキ入門編 で、結局、おもしろいんですか、どうなんですか? その質問に答えるのはとても難しい。村上春樹はいまや一作だけでは語れない作家になってしまったから。人気がありすぎる………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年03月05日
[ジャンル]文芸 

縫わんばならん [著]古川真人

縫わんばならん [著]古川真人

■読みの積極性を試される快楽 企(たくら)みはひそかに仕掛けられている。だからこそ、騙(だま)されたように小説世界に身を委ねる心地よさだ。 三人の老女について語られる話が地味な印象を与えるのは否………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2017年03月05日
[ジャンル]文芸 

襲撃 [著]レイナルド・アレナス

襲撃 [著]レイナルド・アレナス

■野生の詩人が現実を爆破する 驚異の亡命作家、キューバのアレナスが残した傑作の一つである。 「超厳帥」なる独裁者が治めるその国では、住民は家族を解体され、「複合家庭」なる大収容所で眠る。朝になる………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2017年02月26日
[ジャンル]文芸 

おばちゃんたちのいるところ―Where The Wild Ladies Are [著]松田青子

おばちゃんたちのいるところ―Where The Wild Ladies Are [著]松田青子

■化けられるほどしつこく生きよ “死んだら化けてやる”という捨てぜりふをとんと聞かなくなったが、「化けて出ることができるような情熱の持ち主が、年々減少傾向にある」からか。 本書は英米文学の翻訳家………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2017年02月26日
[ジャンル]文芸 

ロッキング・オンの時代 [著]橘川幸夫

ロッキング・オンの時代 [著]橘川幸夫

■才能が交錯した「音楽と私」誌 すぐれた個性が偶然、集結し、「ロッキング・オン」のような雑誌が生まれた。本書を読んで渋谷陽一の特別さをあらためて理解できたと感じたが、やはり岩谷宏だ。後年、原理主………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]文芸 

キャッツ・アイ [著]マーガレット・アトウッド [訳]松田雅子ほか

キャッツ・アイ [著]マーガレット・アトウッド [訳]松田雅子ほか

■透徹した目で憎悪の結晶を解体 老年にさしかかり、成功を手にした画家イレインは自分の回顧展のため、トロントに戻ってくる。この町は嫌いだといいながら彼女は、ここでの半生の記憶を丹念にたどっていく。………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ