文芸

ぼくのミステリ・クロニクル [著]戸川安宣 [編]空犬太郎

ぼくのミステリ・クロニクル [著]戸川安宣 [編]空犬太郎

 ミステリーファンなら、東京創元社の編集者として数多くの名作を世に出した戸川安宣の名を知らない人はいないのではないか。 本書は、少年の頃に江戸川乱歩の〈少年探偵団〉シリーズを愛読し、編集者時代に………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]文芸 

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末(上・下) [著]上田秀人

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末(上・下) [著]上田秀人

 人気時代小説家が、幕末の動乱の中で非業の死を遂げた仙台藩士玉虫左太夫に光を当てた。坂本龍馬ら幕末のスターたちに比べて知名度は低いが、この人物が後の世まで生きていたら日本はどうなっていたかと夢想………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]歴史 文芸 

引揚げ文学論序説―新たなポストコロニアルへ [著]朴裕河

引揚げ文学論序説―新たなポストコロニアルへ [著]朴裕河

■戦後史の再考迫る植民地の記憶 戦後の文学史に一石を投じる(と同時に戦後社会への発見に満ちた)目が覚めるような文学論である。 敗戦後、中国大陸や朝鮮半島などの「外地」から「内地」に帰還した日本人………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]文芸 

自生の夢 [著]飛浩隆

自生の夢 [著]飛浩隆

■「すこし・ふしぎ」な思弁的小説 飛浩隆、十年ぶりの作品集である。七編を収録し、これで二〇〇二年以降に発表された短編、中編のうち、書籍に未収録のもの全てとなる。 寡作であるが、収録作のうち二作は………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年02月19日
[ジャンル]文芸 

土の記(上・下) [著]高村薫

土の記(上・下) [著]高村薫

■自然への畏怖の欠如に一撃 日本が抱えている問題を暴いてきた著者の新作は、農業を題材にしている。 物語の舞台は、奈良県の山間集落。主人公は、交通事故に遭い、長年、植物状態だった妻を半年前に亡くし………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年02月12日
[ジャンル]文芸 

言葉の贈り物 [著]若松英輔

言葉の贈り物 [著]若松英輔

■自分が自分であるための営み 若松英輔の本を読んでいると、自分が誰なのかわからなくなる瞬間がある。今読んでいる文章を、自分が書いたかのように錯覚するのである。そして、誰が書いたかなどどうでもよく………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2017年02月12日
[ジャンル]文芸 

メシュガー [著]アイザック・B・シンガー [訳]大崎ふみ子

メシュガー [著]アイザック・B・シンガー [訳]大崎ふみ子

■人間の不可解さを直視する文学 この小説は、第2次世界大戦から7年後のニューヨークを舞台に始まる。戦前にヒトラーとナチズムの迫害を逃れて故郷ポーランドからアメリカへ渡った作家アーロン・グレイディ………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2017年02月12日
[ジャンル]文芸 

ユリシーズ 1−12 [著]ジェイムズ・ジョイス

ユリシーズ 1−12 [著]ジェイムズ・ジョイス

■柳瀬尚紀の翻訳が切り開いた道 まだまだ小さかった頃、同じ本に複数の翻訳版があることに戸惑いを覚えた記憶がある。言葉を正確に翻訳すれば、訳文は同じになるはずではないかと素朴に信じていたらしい。 ………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年02月05日
[ジャンル]文芸 人文 

ウインドアイ [著]ブライアン・エヴンソン

ウインドアイ [著]ブライアン・エヴンソン

■謎めいた人間の真実を凝視 体を一つの容(い)れ物とみなすなら、そこに収まっている器官や心は私の持ち物であり、それを扱う主人は自分であると思って私たちは日々を生きている。 だが生体としての人間は………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2017年02月05日
[ジャンル]文芸 人文 

ノーノー・ボーイ [著]ジョン・オカダ

ノーノー・ボーイ [著]ジョン・オカダ

■少数派へ絶望的な踏み絵の問い 見えない少数派。米国でアジア系移民は、そう呼ばれることがある。 行儀がよく、勤勉実直。裏返せば従順で、自己主張しない。黒人、ユダヤ人、南米系とは異質な存在だ。 と………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2017年01月29日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ