政治

手話を生きる―少数言語が多数派日本語と出会うところで [著]斉藤道雄

手話を生きる―少数言語が多数派日本語と出会うところで [著]斉藤道雄

■ろう者の表現を取り戻すために 「ろう者とは、日本手話という、日本語とは異なる言語を話す、言語的少数者である」 本書の中ほどで紹介されている、ろう者による1995年のこの輝かしい宣言を読んだとき………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2016年05月01日
[ジャンル]政治 社会 ノンフィクション・評伝 

新聞と憲法9条―「自衛」という難題 [著]上丸洋一

新聞と憲法9条―「自衛」という難題 [著]上丸洋一

 日本国憲法施行から69年。その草創期を5年ごとの三つのステージに分けて、それぞれの時代に憲法9条がどのような辛酸をなめたのか、本書はそれを丹念に追いかけた。いわば憲法9条が激流をいかに泳いだか………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2016年05月01日
[ジャンル]政治 社会 

「憲法改正」の真実 [著]樋口陽一、小林節

「憲法改正」の真実 [著]樋口陽一、小林節

 日本の憲法を「みっともない」と言う人々がいる。では、彼らが夢見る「美しい国」とは何か。 戦後平和を形づくってきたものを「押しつけ憲法」とさげすむ人々がいる。では、彼らが押しつけようとする「公益………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2016年04月24日
[ジャンル]政治 社会 

アメリカの排日運動と日米関係—「排日移民法」はなぜ成立したか [著]簑原俊洋

アメリカの排日運動と日米関係—「排日移民法」はなぜ成立したか [著]簑原俊洋

■愚かな政策、後世に歴史の汚点 米国が「トランプ現象」に揺れている。政争の渦のなかで人種差別と排外思想が勢いづいている。 異様な大衆扇動にも見えるが、そう新しい動きでもない。この国では、特定の移………[もっと読む]

[掲載]2016年04月03日
[ジャンル]政治 国際 

開発なき成長の限界―現代インドの貧困・格差・社会的分断 [著]アマルティア・セン、ジャン・ドレーズ

開発なき成長の限界―現代インドの貧困・格差・社会的分断 [著]アマルティア・セン、ジャン・ドレーズ

■民主主義が開く貧困層の未来 世界が経済の変調に翻弄(ほんろう)される中、インド経済が好調だ。2015年度成長率はなんと7・6%。いまや中国を上回り、最も急速に成長する国の一つだ。だがその成長の………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]政治 経済 

政治をみる眼 次の時代を動かす君たちへ [著]新藤宗幸

政治をみる眼 次の時代を動かす君たちへ [著]新藤宗幸

 大災害を防ぐためという「国土強靱(きょうじん)化」を、不必要と言う人はいない。だが、この言葉のもとに展開される巨大公共事業は妥当だろうか、と著者は問う。政治リーダーの考えは赤裸々に表には出ず、………[もっと読む]

[掲載]2016年03月13日
[ジャンル]政治 社会 

愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか [著]中島岳志・島薗進

愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか [著]中島岳志・島薗進

 政教分離の現代日本で国家神道と国体論が復活する? この「ぼんやりした不安」に歴史的な全体像と動態的な構造を投影する対談。戦前、仏教経由で国体論に回収され、言論弾圧やテロ、軍部独走を主導した「煩………[もっと読む]

[掲載]2016年03月13日
[ジャンル]政治 社会 

南シナ海―アジアの覇権をめぐる闘争史 [著]ビル・ヘイトン

南シナ海―アジアの覇権をめぐる闘争史 [著]ビル・ヘイトン

■長い時間軸で示す、不測の危険 岩礁を埋め立て滑走路を造り、地対空ミサイルなどを展開して「軍事拠点化」を進める中国。秩序への挑戦に「航行の自由」を掲げて軍艦を派遣する米国——。「小さな岩や暗礁」………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2016年02月28日
[ジャンル]政治 社会 

へろへろ―雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々 [著]鹿子裕文

へろへろ―雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々 [著]鹿子裕文

■笑いと怒りの老人ホーム建設記 腹の底から愉快な気分になりたいけれど、今の世の厳しい現実を見下すような笑いはゴメンだ、とお悩みの方には、本書を勧める。 認知症の高齢者を管理するのでなく、その混乱………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2016年02月28日
[ジャンル]政治 医学・福祉 社会 

私の「戦後民主主義」 [編]岩波書店編集部

私の「戦後民主主義」 [編]岩波書店編集部

 引っ越しを重ね、一軒家に住めるようになったのは、朝鮮戦争「特需」のためだった、とのちに知る久米宏氏。父の横暴に耐える母を見て、「弱い者を守る」ことが民主主義の基本と思うようになった赤川次郎氏。………[もっと読む]

[掲載]2016年02月21日
[ジャンル]政治 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ