経済

ダーティ・シークレット―タックス・ヘイブンが経済を破壊する [著]リチャード・マーフィー

ダーティ・シークレット―タックス・ヘイブンが経済を破壊する [著]リチャード・マーフィー

■低税率より秘匿性が問題の本質  本書はタックス・ヘイブンを、「低税率国」としてよりも「守秘法域」と見るべきだと主張する。たしかに税率の低さは問題だが、租税回避が可能なのは、「パナマ文書」や「パラダイス文書」が暴いたよ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]経済

消費大陸アジア―巨大市場を読みとく [著]川端基夫

消費大陸アジア―巨大市場を読みとく [著]川端基夫

■日本企業の苦闘・成功例を分析  アジアからの観光客でごった返す大阪の黒門市場を先日覗(のぞ)いてみた。彼らの購買力は凄(すさ)まじく、3千〜5千円の寿司(すし)パックが信じられない勢いで売れていた。  他方で国内の消………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]経済

政治経済の生態学―スウェーデン・日本・米国の進化と適応 [著]スヴェン・スタインモ

政治経済の生態学―スウェーデン・日本・米国の進化と適応 [著]スヴェン・スタインモ

■高福祉で高競争力、両立の秘密  グローバル化で福祉国家の維持は困難になるとされてきた。だが、この仮説は現実には妥当しないと本書は結論づける。スウェーデンは、その典型だ。この国の政府支出の対GDP比は50%を超える(日………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]政治 経済

ギガマネー 巨大資金の闇―富の支配者たちを狙え [著]太田康夫

ギガマネー 巨大資金の闇―富の支配者たちを狙え [著]太田康夫

 プライベートバンキングと呼ばれる富裕層向け金融業務の実態に迫った本書で、富の集中のすさまじさを知った。世界の全資産の半分近くを資産1億円以上の富裕層が占め、米国などで1千億円以上の大金持ちが増加。世界の金融機関が富裕層………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]経済

これがすべてを変える―資本主義vs.気候変動(上・下) [著]ナオミ・クライン

これがすべてを変える―資本主義vs.気候変動(上・下) [著]ナオミ・クライン

■経済のあり方根本から新しく  気象庁によれば2016年の世界平均気温は、1891年の統計開始以来、最高記録を3年連続で更新した。日本で頻発する集中豪雨、アメリカを襲う巨大ハリケーン。気候変動の兆候は、いまや誰の目にも………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年10月15日
[ジャンル]経済

かくて行動経済学は生まれり [著]マイケル・ルイス

かくて行動経済学は生まれり [著]マイケル・ルイス

■判断は歪む、証明した心理学者  マイケル・ルイスの大ヒット作『マネー・ボール』は低予算の米大リーグ球団が統計分析を導入して割安な優良選手を集め大躍進した実話を描いた作品だった。  野球選手の市場が専門家の歪(ゆが)ん………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年10月01日
[ジャンル]経済

地域の力を引き出す企業―グローバル・ニッチトップ企業が示す未来 [著]細谷祐二

地域の力を引き出す企業―グローバル・ニッチトップ企業が示す未来 [著]細谷祐二

 「どうしてこんなにすばらしい中堅中小企業が日本全国に存在するのか」  大企業が参入しないニッチな分野で「小さいことの優位性」を生かしながら高品質の製品を販売し、世界のトップに君臨している企業をグローバル・ニッチトップ(………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年09月17日
[ジャンル]経済

東芝 原子力敗戦 [著]大西康之

東芝 原子力敗戦 [著]大西康之

■「国策」の泥沼、責任とるべきは  我々が知りたいのは、東芝の決算をめぐる泥仕合や半導体事業売却の混迷ではなく、なぜこの会社が原発ビジネスの泥沼に引きずり込まれたかだ。本書はまさにこの点に、正面から迫る。  当初、東芝………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年08月27日
[ジャンル]経済

戦争がつくった現代の食卓―軍と加工食品の知られざる関係 [著]アナスタシア・マークス・デ・サルセド

戦争がつくった現代の食卓―軍と加工食品の知られざる関係 [著]アナスタシア・マークス・デ・サルセド

■その食パンはパンじゃない!?  スーパーで買い物中、携帯にメールが届いた。  「私、ミリーさん。今、あなたの後ろ30メートルのところにいるの」  何のいたずらだろう。無視して食パンをカゴに放り込む。また着信音が鳴る。………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年08月27日
[ジャンル]経済

隷属なき道―AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働 [著]ルトガー・ブレグマン

隷属なき道―AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働 [著]ルトガー・ブレグマン

■自由に使える金が給付されたら  もし政府が国民に無条件で一律に生活に必要な資金を支給し続ける制度を開始したら、あなたは今後も働き続けるだろうか?  そういった制度をベーシックインカムと呼ぶ。既存の生活保護、失業対策、………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年07月30日
[ジャンル]政治 経済 社会

人民元の興亡―毛沢東・トウ小平・習近平が見た夢 [著]吉岡桂子

人民元の興亡―毛沢東・トウ小平・習近平が見た夢 [著]吉岡桂子

■日・中・米、国際通貨の攻防戦  本書は、人民元に加え、東アジア国際通貨システムをめぐる日・中・米3カ国間の熾烈(しれつ)な攻防戦を、ダイナミックに描いた好著だ。  遠い過去のようだが実は最近まで、日中の中央銀行のトッ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年07月23日
[ジャンル]経済 ノンフィクション・評伝

大不平等―エレファントカーブが予測する未来 [著]ブランコ・ミラノヴィッチ

大不平等―エレファントカーブが予測する未来 [著]ブランコ・ミラノヴィッチ

■グローバル格差は縮小へ  ピケティ『21世紀の資本』以来、久々に格差に関する問題作が現れた。本書は、グローバル化が格差拡大/縮小に与えた影響を、実証的に分析した好著。  著者はまず、グローバル化が加速した年代(198………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]経済

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

■信用し、任せることで成長導く ●欠勤の連絡はしなくていいどころか禁止。  →連絡するほうも気が重いし、もらう側も、来ると思っていた人が急に来ないとなればストレスを感じてしまう。はじめから分からなければ気にならない。 ………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]経済 社会

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか [編]玄田有史

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか [編]玄田有史

 BIS(国際決済銀行)が先日発表した年次報告書は、世界的に先進国で賃金上昇が遅くなっている問題を指摘した。グローバリゼーションやオートメーション、ITによる省力化の拡大がその主因だという。  しかし、日本の賃上げの遅さ………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]経済

情報と秩序―原子から経済までを動かす根本原理を求めて [著]セザー・ヒダルゴ

情報と秩序―原子から経済までを動かす根本原理を求めて [著]セザー・ヒダルゴ

■話題各種が七変化する複雑系  とっちらかった本である。でもそこが、他書にない強烈な魅力を放っている。テーマはざっくり二つ。経済を情報の自己再生産過程とみなすと何がわかるか。そして、そもそも情報って何なのか。  著者は………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2017年06月25日
[ジャンル]経済 科学・生物

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る