社会

インタビュー [著]木村俊介

インタビュー [著]木村俊介

■はりぼて化を拒否するために  著者はそれを「はりぼて」と言う。外見だけをとりつくろった情報が、短い言葉で言い切られ、コピーされ、増殖していく。いまに始まったことではない。私たちはそういう言葉が好きだ。そしてそんな「は………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年07月23日
[ジャンル]人文 社会

オノマトペの謎―ピカチュウからモフモフまで [編]窪薗晴夫

オノマトペの謎―ピカチュウからモフモフまで [編]窪薗晴夫

 「クスクス笑う」「シクシク泣く」といった擬声語(擬音語)から、実際には音は出ていないが音のように現象を捉えた「てきぱき動く」「サラッと言う」などといった擬態語、これらを総称してオノマトペという。言語のなかでも日本語は比………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年07月23日
[ジャンル]社会

琉球文学論 [著]島尾敏雄

琉球文学論 [著]島尾敏雄

 奄美群島内の加計呂麻島を舞台に、島尾敏雄と妻ミホとの戦時下での出会いの物語を越川道夫監督が映画化した「海辺の生と死」の試写を観(み)て、満島ひかりのうたう哀切な島唄に惹(ひ)きつけられた。映画でも唄(うた)われる「やま………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]社会

一枚の切符―あるハンセン病者のいのちの綴り方 [著]崔南龍

一枚の切符―あるハンセン病者のいのちの綴り方 [著]崔南龍

■浄化の対象として隔離した歴史  いまハンセン病療養施設にいる人の平均年齢は85歳になった。同年代の著者は、10歳のときから岡山県長島の邑久(おく)光明園で暮らす。本書は、著者自身のエッセーと孫和代氏が著者から聴きとっ………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]社会

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

■信用し、任せることで成長導く ●欠勤の連絡はしなくていいどころか禁止。  →連絡するほうも気が重いし、もらう側も、来ると思っていた人が急に来ないとなればストレスを感じてしまう。はじめから分からなければ気にならない。 ………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]経済 社会

暗い時代の人々 [著]森まゆみ

暗い時代の人々 [著]森まゆみ

■精神の自由掲げた9人の輝き  直言居士がいない時代である。立場よりも、正道を貫く人間の姿がない。組織の空気を読むばかりを美徳とする風潮が、いかに世を息苦しくしているか。  大正末期から昭和の戦争に至る頃は「暗い時代」………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]人文 社会

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?―“カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター [著]クリスティン・ヤノ

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?―“カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター [著]クリスティン・ヤノ

■謎多いクールジャパンの象徴  百年後にも残っている日本文化はなにかという話をすると、ハローキティかマリオブラザーズではないかとなることが多い。いや日本にはまだまだ素晴らしい文化があると言ってみても、実際に海外の街中で………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]社会

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論 [著]宮沢章夫ほか

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論 [著]宮沢章夫ほか

■世の中の先端でざわめくリズム  つい数十年前まで、日本では流行歌、欧米ではポピュラーと言われていた音楽があった。日本では後者は「大衆音楽」と訳されていた。今の「ポップス」はその名残だ。ところがそのポップスはもはや大衆………[もっと読む]

[評者]細野晴臣(音楽家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]社会

通信制高校のすべて―「いつでも、どこでも、だれでも」の学校 [編著]手島純

通信制高校のすべて―「いつでも、どこでも、だれでも」の学校 [編著]手島純

 読もうかどうしようかとパラパラ見ていたら、ある一言に目が留まった。「学校というものは、決められた場所で、決められた時間に、決められた教材を使って、決まった年齢の人が集まるところになっていて、それを私たちは当たり前だと思………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年06月25日
[ジャンル]教育 人文 社会

語り継ぐハンセン病―瀬戸内3園から [編]山陽新聞社

語り継ぐハンセン病―瀬戸内3園から [編]山陽新聞社

■今、伝えたい 孤絶の中の希望  国立療養所大島青松園を初訪問したのは、2010年の瀬戸内国際芸術祭のことだった。90年近く続いた国の隔離政策によるハンセン病への故(ゆえ)なき偏見については、それなりに関心を持っていた………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年06月18日
[ジャンル]政治 社会

子どもたちの階級闘争-ブロークン・ブリテンの無料託児所から [著]ブレイディみかこ

子どもたちの階級闘争-ブロークン・ブリテンの無料託児所から [著]ブレイディみかこ

■「一番低い場所」から社会問う  本書が描くイギリスの底辺社会の実相は、この春に日本でも上映された、ケン・ローチ監督『わたしは、ダニエル・ブレイク』のいくつかのシーンと重なった。そのひとつは、ロンドンから北部の安い住宅………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年06月11日
[ジャンル]教育 社会

衛生と近代-ペスト流行にみる東アジアの統治・医療・社会 [編]永島剛、市川智生、飯島渉

衛生と近代-ペスト流行にみる東アジアの統治・医療・社会 [編]永島剛、市川智生、飯島渉

 ペストの史上3度目のパンデミックは近代アジアで起きた。本書では英国統治下の香港、共同租界ひしめく上海、オランダ領東インドなどでの事例を見るが、日清戦争以降、台湾や朝鮮の植民地政策に乗り出した日本も同じ問題を抱え、神戸で………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年06月11日
[ジャンル]政治 社会

世界の田園回帰-11カ国の動向と日本の展望 [編著]大森彌、小田切徳美、藤山浩

世界の田園回帰-11カ国の動向と日本の展望 [編著]大森彌、小田切徳美、藤山浩

■「過疎→消滅」にしない取り組み  近年、「限界集落」や「消滅都市」といった言葉が一世を風靡(ふうび)した。だが、事態は本当に「消滅」へと突き進んでいるのか。本書は真っ向からこれに反証を突きつける。むしろ、起きているの………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年06月11日
[ジャンル]社会

ポピュリズムとは何か [著]ヤン=ヴェルナー・ミュラー

ポピュリズムとは何か [著]ヤン=ヴェルナー・ミュラー

■異論を認めない「反多元主義」  近年、ポピュリズムという言葉をよく耳にするようになった。5月に行われたフランス大統領選の際も、マリーヌ・ルペン候補が代表的なポピュリストとして注目された。しかし、この言葉が何を指すかは………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年06月04日
[ジャンル]政治 社会

ヒルビリー・エレジー―アメリカの繁栄から取り残された白人たち [著]J・D・ヴァンス

ヒルビリー・エレジー―アメリカの繁栄から取り残された白人たち [著]J・D・ヴァンス

■貧困層が蓄えた「怒り」の深層  米国が戦後世界に君臨していた1950年代、黒人作家ラルフ・エリスンが告発的な傑作小説を記した。  『見えない人間』  社会の底辺で、忘れられた存在としての黒人の葛藤を描き、のちの公民権………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2017年05月28日
[ジャンル]政治 社会

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る