経済

シェアリングエコノミー [著]アルン・スンドララジャン

シェアリングエコノミー [著]アルン・スンドララジャン

■資産と消費者結びつける大変化  「産業革命に匹敵するほどの大きな変化が経済に起きていることは疑いようがない」  稼働していない資産(自動車や人材など)と、それを利用したい消費者をインターネット上で結びつけるシェアリン………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年01月22日
[ジャンル]経済 社会

最後の資本主義 [著]ロバート・B・ライシュ

最後の資本主義 [著]ロバート・B・ライシュ

■拮抗力なき時代の新たなルール  近年の格差拡大と、再分配政策の重要性は、広く認識されている。だが著者は、政府が再分配しても問題を解決できないと訴える。そもそも「市場ルール」が圧倒的に大企業に有利だからだ。その傾向は1………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年01月22日
[ジャンル]経済 社会

経済学のすすめ―人文知と批判精神の復権 [著]佐和隆光

経済学のすすめ―人文知と批判精神の復権 [著]佐和隆光

■「文系軽視」が招く社会の危機  本書は、「国立大学改革プラン」の一環として「文系廃止」を求めた2015年6月の文科省通知を契機に書かれた。背景にある文系軽視が社会にとっていかに危険か、著者は全編を通じて強い警告を発す………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年12月11日
[ジャンル]経済 社会

地域分散型エネルギーシステム [監修]植田和弘 [編著]大島堅一・高橋洋

地域分散型エネルギーシステム [監修]植田和弘 [編著]大島堅一・高橋洋

■新たな電力網、支える形を提示  表題の「分散型エネルギーシステム」とは、再生可能エネルギーのように、無数の小規模分散型の電源をネットワーク化した、双方向型の電力システムだ。これに対して「集中型電力システム」は、原子力………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年11月27日
[ジャンル]経済 科学・生物

ユーロから始まる世界経済の大崩壊―格差と混乱を生み出す通貨システムの破綻とその衝撃 [著]ジョセフ・E・スティグリッツ

ユーロから始まる世界経済の大崩壊―格差と混乱を生み出す通貨システムの破綻とその衝撃 [著]ジョセフ・E・スティグリッツ

■危機の国々を縛るトロイカ  英国のEU離脱や大量の難民到来に揺れる欧州。だがその背後にある最大の問題は、低迷する欧州経済だ。いまや各国で反EU感情が広がり、極右政党が伸長する。そこでは、長く続く経済的苦境が影を落とし………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年11月13日
[ジャンル]政治 経済 国際

東京田園モダン―大正・昭和の郊外を歩く [著]三浦展

東京田園モダン―大正・昭和の郊外を歩く [著]三浦展

■発展する下町に社会改良への志  著者は都市の消費文化研究が専門。戦後の東京都市圏が西へ広がるなかで、「山の手」的生活様式も変化しつつ西遷してきた過程などを調べてきた。  本書ではそんな調査の時代と方角をがらりと変え、………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2016年11月13日
[ジャンル]経済 社会

水力発電が日本を救う―今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる [著]竹村公太郎

水力発電が日本を救う―今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる [著]竹村公太郎

■実は資源大国、有効に使おう  日本は資源の乏しい国だと、あなた、思っていませんか。しかし、日本が途方もない資源大国だったとしたら? 資源とはすなわち山と雨とダムである。  アジアモンスーン地帯の北限に位置する雨の多い………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2016年10月30日
[ジャンル]経済

デジタル・ゴールド―ビットコイン、その知られざる物語 [著]ナサニエル・ポッパー

デジタル・ゴールド―ビットコイン、その知られざる物語 [著]ナサニエル・ポッパー

■ネット上の通貨、手作りの誕生  ビットコインと呼ばれるデジタル通貨、あるいは仮想通貨、それとも暗号通貨の名前をきいたことのある人は多いはずである。  このビットコインなるものが「サトシ・ナカモト」を名乗る正体不明の人………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2016年10月30日
[ジャンル]経済

マイナス金利政策―3次元金融緩和の効果と限界 [編著]岩田一政・左三川郁子・日本経済研究センター

マイナス金利政策―3次元金融緩和の効果と限界 [編著]岩田一政・左三川郁子・日本経済研究センター

■デフレ打開の切り札?弱点は?  9月に日銀は、政策目標の軸足を資金供給量から金利に転換すると発表した。もっとも、金利のマイナス幅拡大は見送る一方、量的緩和の旗を降ろさなかった。だが筆者らは試算に基づき、日銀による高水………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年10月02日
[ジャンル]経済

世界マヌケ反乱の手引書―ふざけた場所の作り方 [著]松本哉

世界マヌケ反乱の手引書―ふざけた場所の作り方 [著]松本哉

■階級格差に抗する陽気な連帯  2015年夏に、安保法案に反対する大きなデモがあった。マスメディアでは、それはサウンド・デモなど、旧来と異なる新鮮なものであり、学生集団シールズがそれをもたらしたと報じられていたが、それ………[もっと読む]

[評者]柄谷行人(哲学者)
[掲載]2016年09月18日
[ジャンル]経済 社会

金融政策の「誤解」―“壮大な実験”の成果と限界 [著]早川英男

金融政策の「誤解」―“壮大な実験”の成果と限界 [著]早川英男

■「短期決戦」のはずが「持久戦」に  日本銀行は今週水曜(21日)に、現在実施中の量的質的緩和策(QQE)とマイナス金利政策の経済への影響を評価する「総括的な検証」を公表する。世界中の金融市場関係者がその成り行きに注目………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年09月18日
[ジャンル]経済 社会

野蛮から生存の開発論―越境する援助のデザイン [著]佐藤仁

野蛮から生存の開発論―越境する援助のデザイン [著]佐藤仁

■縦割りの「欠陥」が裾野広げた  日本の開発援助とは何かを問い直す、良質な思考の書が現れた。本書はアマルティア・センの思想を踏まえ、途上国の「不足」ではなく、彼らが「もっているもの」に着目してそれを伸ばすアプローチを重………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年09月18日
[ジャンル]経済 社会

「平成の大合併」の政治経済学 [著]中澤克佳、宮下量久

「平成の大合併」の政治経済学 [著]中澤克佳、宮下量久

 1999年に始まった平成の大合併で、自治体数は3229から1727に激減。明治、昭和に次ぐ第3の大規模合併となった。行政を効率化すると喧伝(けんでん)されたが、実際はどうだったのか。本書は、データに基づく実証的な検証を………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年09月04日
[ジャンル]政治 経済

2050 近未来シミュレーション日本復活 [著]クライド・プレストウィッツ

2050 近未来シミュレーション日本復活 [著]クライド・プレストウィッツ

■夢の成功国家、実現への秘策は  2050年の日本。ワシントンDCを飛び立った超音速旅客機ミツビシ808は2時間半の快適な旅を終え、羽田空港に着陸。訪問客は、世界最先端の情報技術で社会システムの利便性を飛躍的に引き上げ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年08月28日
[ジャンル]経済

鉄道は誰のものか [著]上岡直見

鉄道は誰のものか [著]上岡直見

■「交通は人権」の視点に立つ評論  ブルートレインなどの廃止が発表されると、駅のホームには「最後の雄姿」を撮ろうとマニアが詰めかける。鉄道会社が決めたことは既成の事実となり、誰も批判しようとはしない。また鉄道ライターの………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]経済

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る