IT・コンピューター

書物の変―グーグルベルグの時代 [著]港千尋/紙の本が亡びるとき [著]前田塁

書物の変―グーグルベルグの時代 [著]港千尋/紙の本が亡びるとき [著]前田塁

■文字を巡る環境の激変を考察  ブログや電子本、世界規模で物議をかもすグーグルによる書物の電子データ化……文字を巡る環境は今世紀に入って激変し、「グーテンベルグからグーグルへ」などと言い表される。こうした問題を扱う評論………[もっと読む]

[評者]鴻巣友季子(翻訳家、エッセイスト)
[掲載]2010年02月28日
[ジャンル]文芸 IT・コンピューター

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

■便利で安全な「集合知」の利用を  最近は何かを調べる時、まずネットで検索するのが普通となっている。グーグルで調べることを「ググる」と呼ぶ若者用語もある。  インターネット上には膨大な情報があるため、検索の機能がなけれ………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会

グーテンベルクからグーグルへ-文学テキストのデジタル化と編集文献学 [著]ピーター・シリングスバーグ

グーテンベルクからグーグルへ-文学テキストのデジタル化と編集文献学 [著]ピーター・シリングスバーグ

■電子本の登場が人文学を変える  500年前にグーテンベルクの活版印刷が世に出て、本の世界は劇的に変わった。それまでの手書きの写本は、多量の部数を発行できる印刷本に取って代わられた。それと同じくらいの巨大な変化が今起き………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年10月11日
[ジャンル]文芸 人文 IT・コンピューター

サイバービア-電脳郊外が“あなた”を変える [著]ジェイムス・ハーキン

サイバービア-電脳郊外が“あなた”を変える [著]ジェイムス・ハーキン

■思考回路をも変えた情報化の大波  軍事とヒッピー。水と油のはずの二つが化学反応してネット時代に火をつけた。これぞ米国のダイナミズムか。そんな裏面史にも踏み込んで、情報社会の底知れなさを見せつける。  書名は「郊外」を………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2009年10月04日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会

シリコンバレーから将棋を観る―羽生善治と現代 [著]梅田望夫

シリコンバレーから将棋を観る―羽生善治と現代 [著]梅田望夫

■指さないファンでいいじゃない  将棋ファンといえば、将棋を指すのが好きな人のことだと普通は思うわけなのだけれど、将棋を指さない将棋ファンも世間にはけっこう存在する。かくいう私がそうだ。つまりプロ将棋の観戦を趣味にして………[もっと読む]

[評者]奥泉光(作家)
[掲載]2009年07月05日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会

ウィキペディアで何が起こっているのか [著]山本まさき、古田雄介/情報化時代のプライバシー研究 [著]青柳武彦

ウィキペディアで何が起こっているのか [著]山本まさき、古田雄介/情報化時代のプライバシー研究 [著]青柳武彦

■悪意ある書き手を防げぬ危険を指摘  ウィキペディアは、インターネット上でユーザーが参加して作る百科事典である。最近は、単語をインターネット検索にかけると、ウィキペディア項目が最上位に来ることも珍しくない。ある調査によ………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2008年07月13日
[ジャンル]人文 IT・コンピューター 社会

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 [著]荻上チキ 

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 [著]荻上チキ 

■暴走のメカニズムを解明  インターネットの企業や官庁、個人のホームページあるいはブログ(日記形式のサイト)に非難が集中し、ときには閉鎖にまで追い込まれる。ネットの世界では「炎上」と称されるこの現象は、なぜ起きるのか。………[もっと読む]

[評者]香山リカ(精神科医、立教大学教授)
[掲載]2007年11月04日
[ジャンル]IT・コンピューター 新書

フラット革命 佐々木俊尚著 「社会の総意」、ネットが分断

フラット革命 佐々木俊尚著 「社会の総意」、ネットが分断

 出会い系サイトに刹那(せつな)的に安らぎを求めていく女性や、ネット上の世論とリアルな政治との距離感を測りかねてしまった政治家など、インターネットが私たちの住む世界に何をもたらしつつあるのかを、具体例を挙げながら解き明………[もっと読む]

[評者]音好宏
[掲載]2007年09月09日
[ジャンル]IT・コンピューター

ブログ・オブ・ウォー マシュー・カリアー・バーデン著

ブログ・オブ・ウォー マシュー・カリアー・バーデン著

 THE BLOG OF WAR  米兵たちが書き込んだ「戦場の事実」  イラク開戦から4年余。アメリカは、今なお自国の兵士を中東に送り続けている。  当初、軍上層部は兵士の士気高揚に繋(つな)がればと、インターネット………[もっと読む]

[評者]久田恵(ノンフィクション作家)
[掲載]2007年07月15日
[ジャンル]IT・コンピューター ノンフィクション・評伝

ウィキノミクス ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ著

ウィキノミクス ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ著

 Wikinomics/How Mass Collaboration Changes Everything  資本の競争が情報の開放を加速する  「ウィキノミクス」とは著者の造語で、不特定の人たちが水平的なネットワーク………[もっと読む]

[評者]柄谷行人(哲学者)
[掲載]2007年06月24日
[ジャンル]人文 IT・コンピューター

ヒトと機械のあいだ ヒト化する機械と機械化するヒト 廣瀬通孝編

ヒトと機械のあいだ ヒト化する機械と機械化するヒト 廣瀬通孝編

 変化していく心身、近未来像を提示  動物園の猿のしぐさに、私たちは、しばしば人間らしさを見いだす。逆に人間のなかに獣性を感じることもある。  機械との関係も同様ではないか。もちろん人類こそ唯一崇高な存在であり、機械は………[もっと読む]

[評者]橋爪紳也(建築史家、大阪府立大学教授)
[掲載]2007年06月24日
[ジャンル]科学・生物 IT・コンピューター

テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか [著]吉野次郎

テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか [著]吉野次郎

■おいしい商売の独占崩され  インターネットとテレビの関係は微妙だ。テレビのコメンテータの中には首をかしげたくなるようなネット悪玉論を展開している人もいるし、テレビをマスゴミ呼ばわりする意見もネット上に散見される。本書………[もっと読む]

[評者]北田暁大(東京大学准教授)
[掲載]2007年01月28日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会

ポピュラーサイエンスの時代 [著]原克 

ポピュラーサイエンスの時代 [著]原克 

■「幸福で豊かな家族」演出した家電  真新しい電気冷蔵庫の中を覗(のぞ)き込んで「おおーっ」と感嘆し、茶の間に運び込まれたテレビを拍手で迎える——大ヒットした映画『ALWAYS 三丁目の夕日』は、「家電の映画」と呼んで………[もっと読む]

[評者]重松清(作家)
[掲載]2006年04月02日
[ジャンル]科学・生物 IT・コンピューター

情報学的転回 IT社会のゆくえ [著]西垣通

情報学的転回 IT社会のゆくえ [著]西垣通

 IT社会礼賛の書ではない。「情報」が世界観、人間観を一変させつつあるとの認識に立つ。しかし、人間がシステムに組み込まれ、日々情報処理に追われて、内面からコンピューターの奴隷化されつつあるのではないか、との厳しい異議申し………[もっと読む]

[評者]佐柄木俊郎(ジャーナリスト、国際基督教大学客員教授)
[掲載]2006年02月12日
[ジャンル]政治 IT・コンピューター

スティーブ・ジョブズ [著]ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン

スティーブ・ジョブズ [著]ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン

■奇跡の復活とげたアップル創設者の光と影  アップル社を創立し、追い出され、12年後に返り咲いて奇跡の復活をなしとげた男の伝記を長年つきあいがあるジャーナリスト2人が書いた。並の伝記ではない。本人が激怒し、発禁要求が通………[もっと読む]

[評者]天外伺朗(作家)
[掲載]2006年01月22日
[ジャンル]IT・コンピューター ノンフィクション・評伝

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る