人間文庫(週刊朝日)

人間文庫(週刊朝日)

文庫ばかりを取り上げた週刊朝日のコラム。筆者は温水ゆかりさん。

バックナンバー:2011年

ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮核半島の命運 [著]船橋洋一

ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮核半島の命運 [著]船橋洋一

■ブッシュvs.金正日 思惑乱れる北朝鮮 この大著で思った。脳にも処女地があると。読み慣れない外交・安全保障分野のノンフィクション。金正日の訃報を受けて読み始めたが、読了する頃にはヘロヘロ。でも………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2012年02月10日

おひとりさまの老後 [著]上野千鶴子

おひとりさまの老後 [著]上野千鶴子

■戦略家にして繊細 ベストセラーはフェミ本 老後はみんな独居と、その心得を伝授する本書は、単行本で総計75万部を売り上げた。著者最大のベストセラーというだけでなく、フェミ本がこんなに売れたのも異………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2012年02月03日

或る男の断面 [著]宇野千代

或る男の断面 [著]宇野千代

■血糊の蒲団でセックス 宇野千代と東郷青児 宇野千代が自伝的小説『生きて行く私』を出したのは83年、86歳の時。ミリオンセラーになった。男性には文壇史、女性には“生き方”本、高齢の方々にはある種………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2012年01月27日

増補 遅読のすすめ [著]山村修

増補 遅読のすすめ [著]山村修

■何の必要で多読?ゆっくり読むことの充溢 賑やかな日刊ゲンダイ紙上で、そこだけ静かな井戸のようだった「狐」の書評欄。「狐」が油揚げの帽子を取り、山村修として最初で最後のご挨拶をしたのは逝去の年(………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年12月30日

金子みすゞ ふたたび [著]今野勉

金子みすゞ ふたたび [著]今野勉

■謎の死に迫る 天才詩人みすゞの真実 著者は、金子みすゞのドキュメンタリー・ドラマで芸術選奨文部大臣賞を受賞(95年度)。その時、解きあぐねた謎に取り組む“宿題ノンフィクション”だ。 (1)執念………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年12月23日

秘境ブータン [著]中尾佐助

秘境ブータン [著]中尾佐助

 眼福だったブータンの国王夫妻。新婚旅行先に日本を選んで下さるなんて、嬉しいと同時に、なんて心あたたまる外交センスではないですか。戦後、そのブータン王室との縁を拓いたのがこの著者、中尾佐助氏(遺………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年12月16日

山本五十六 [著]半藤一利

山本五十六 [著]半藤一利

■清武氏へのエール 散らない五十六になれ 敗戦の夏、新潟県立長岡中学3年生だった著者は、講堂から先輩山本五十六の書の額が外されるのを寂寞の思いで見たという。初刊時の題名は『山本五十六の無念』。 ………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年12月09日

交遊録 [著]吉田健一

交遊録 [著]吉田健一

■ラディカルな人間論 吉田健一のオーラを見る目 先週の本に、牧野伸顕が幼女の白洲正子に“うちにも文学の天才少年がいるんだよ”と相好を崩す場面がある。その天才がこの吉田健一。吉田は幼少時、母方の祖………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年12月02日

いまなぜ白洲正子なのか [著]川村二郎

いまなぜ白洲正子なのか [著]川村二郎

■まるで女侍!野蛮で優雅な白洲正子 著者は白洲正子を「怖いくらいに美しい」と書く。確かに虚飾の要なき骨格美人。生き方も背骨が通っていた。正子の晩年、親しく交わることのあった著者による評伝。 樺山………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年11月25日

背後の足音 [著]ヘニング・マンケル [訳]柳沢由実子

背後の足音 [著]ヘニング・マンケル [訳]柳沢由実子

■まるで今の日本人!14年前の警察小説 地元の長老詩人が受賞した今年のノーベル文学賞。スウェーデン文学なら、こんな警察小説もいかがでしょう。シリーズ第七弾だが、本書の出来映えはまた格別。 夏至祭………[もっと読む]

[文]温水ゆかり [掲載]2011年11月18日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ