子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

「おばあちゃんとバスにのって」

「おばあちゃんとバスにのって」

 「おばあちゃんとバスにのって」(すずき出版=新刊) この絵本のおばあちゃんは、お金や効率よりも人とのふれあいを大切にしています。行き先は、困っている人にごはんを出す食堂。ぼくも手伝って配った食………[もっと読む]

[文]さくまゆみこ(翻訳家) [掲載]2016年11月26日

「とうだい」

「とうだい」

 「とうだい」(福音館書店=新刊) しっとりとした風景の中に、言葉がとけていくような美しい絵本。灯台は、渡り鳥から聞く知らない世界に思いをはせ、どこにも行けない自分を嘆きます。しかし嵐の夜、今い………[もっと読む]

[文]兼森理恵(丸善丸の内本店児童書担当) [掲載]2016年11月26日

「お・は・よ・う」

「お・は・よ・う」

 「お・は・よ・う」(あすなろ書房=新刊) 日曜の朝、もうすぐ1年生になるよしおは、本を抱えて「このじ、なんてよむの?」。家族に1文字ずつ聞いて回ります。「お」は、おひさまのお。「は」は、はるか………[もっと読む]

[文]広松由希子(絵本評論家・作家) [掲載]2016年11月26日

言葉に紡ぐ 幼い頃の気持ち 児童文学作家 あまんきみこさん

言葉に紡ぐ 幼い頃の気持ち 児童文学作家 あまんきみこさん

 「白いぼうし」「ちいちゃんのかげおくり」などの代表作で知られる児童文学作家のあまんきみこさん(85)。今年は児童文化の発展に貢献した人に贈られる東燃ゼネラル児童文化賞も受賞した。これまでやこれ………[もっと読む]

[掲載]2016年10月22日

満月見上げる、日常の幸せ

満月見上げる、日常の幸せ

 空に満月を見つけると、うれしくなるのはなぜでしょう。赤ちゃんが夜空を見ています。バレエの練習帰りの女の子も、遠い山のクマの親子も見ています。「きょうはそらにまるいつき」。ゆっくりページをめくり………[もっと読む]

[文]広松由希子(絵本評論家・作家) [掲載]2016年10月22日

「ピクルスとふたごのいもうと」

「ピクルスとふたごのいもうと」

 「こぶたのピクルス」の続編。ピクルスは好奇心いっぱいの元気なこぶたの男の子。いのぶたさんからもらった朝顔の種を鉢に植えて育てる様子などは、読んでいてほほえましく心が和みます。そんなピクルスに双………[もっと読む]

[文]越高一夫(ちいさいおうち書店店長) [掲載]2016年10月22日

「少年Nの長い長い旅01」

「少年Nの長い長い旅01」

 野依(のえ)が通う小学校では、猫を13匹殺しその首をビルの屋上から投げた後に自分も飛び降りれば異世界に行くことができる、という都市伝説が流れていた。うわさは現実となり、巻き込まれた野依たちをめ………[もっと読む]

[文]兼森理恵(丸善丸の内本店児童書担当) [掲載]2016年10月22日

ステキな本、私たちが紹介します 新選者に4人

ステキな本、私たちが紹介します 新選者に4人

 「子どもの本棚」(月1回掲載)の新しい選者4人をご紹介します。交代で、新刊から選んでいただきます。    ◇ 翻訳家のさくまゆみこさん(68)は「シャーロットのおくりもの」など作品多数。「本は………[もっと読む]

[掲載]2016年09月24日

生命の重みをわかりやすく

生命の重みをわかりやすく

■「アイヌのむかしばなし ひまなこなべ」 心根のいいアイヌに仕留められたクマの神様は、その魂を天の国へ送る宴で目にした若者の素晴らしい踊りが忘れられません。クマの姿で何度も地上にやって来ては同じ………[もっと読む]

[文]さくまゆみこ(翻訳家) [掲載]2016年09月24日

「ぐやん よやん」

「ぐやん よやん」

 ここはどこ? 生まれる前の世界? 銀河の果て? 意味以前のことばと、形をなす前の混沌(こんとん)とした絵がひとつになった抽象的な絵本です。 「ぐやん よやん」「じんじ じんじ ずー」声に出して………[もっと読む]

[文]広松由希子(絵本評論家・作家) [掲載]2016年09月24日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ