子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

「ペーパーボーイ」

「ペーパーボーイ」

 小学生のリトル・マンは夏休みの1カ月だけ、友だちに代わって新聞配達をすることになる。野球が得意で将来は大リーガーをめざしているが、人と話をする時、どもってしまうことで悩んでいた。配達がきっかけ………[もっと読む]

[文]越高一夫(ちいさいおうち書店長) [掲載]2016年09月24日

8月の子どもの本棚

8月の子どもの本棚

■「ソーニャのめんどり」(くもん出版) ソーニャは、お父さんからひよこを3羽もらったよ。その日からソーニャはひよこたちのお母さん。一生懸命世話をしました。立派なめんどりに育ったある日、1羽だけキ………[もっと読む]

[掲載]2016年08月27日

夏休み、心躍る1冊 子どもの本棚

夏休み、心躍る1冊 子どもの本棚

 さあ、夏休み! 長い休みの間に手にとってもらいたい本を紹介します。「子どもの本棚」の選者、米村和美さん(小学校司書)、汐崎(しおざき)順子さん(大学講師)、佐川祐子さん(教育委員会職員)に新し………[もっと読む]

[掲載]2016年07月23日

6月の子どもの本棚

6月の子どもの本棚

■「トルーシー・トルトルとトラ」(BL出版) 小さな女の子、トルーシーのパパは、大泥棒なんです。ある日2人は動物園へ。「もし泥棒したら、飼育係さんに頼んでトラにお仕置きしてもらうからね」とトルー………[もっと読む]

[掲載]2016年06月25日

5月の子どもの本棚

5月の子どもの本棚

■「このあと どうしちゃおう」(ブロンズ新社) 死んだおじいちゃんのノートを見つけたよ。そこには死んだ後どうしたいか描いてありました。例えば「天国にいく時の格好」「みんなを見守っていく方法」……………[もっと読む]

[掲載]2016年05月28日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ