数学本を読む 川端裕人さんが選ぶ本

[文]川端裕人(作家)  [掲載]2011年09月25日

書店の数学本コーナー。今年に入ってからよく売れているという=東京・丸善丸の内本店 拡大画像を見る
書店の数学本コーナー。今年に入ってからよく売れているという=東京・丸善丸の内本店

■「憧憬」と「忌避」のあいだで
 一般向けの数学書が、小さなブームだという。都内幾つかの大手書店で、平台陳列されているのを確認した。高等数学をかみ砕いて伝えるもの、中高の数学に再入門するもの、日常に密着した数学を詳述したもの、数学者評伝等、様々な系統がある。
 なぜ数学なのか。「数字は苦手!」と忌避する人が沢山(たくさん)いる中、数学にあらがいがたい憧憬(しょうけい)を抱く人も多いのかもしれない。ぼく自身そうだ。
■世界で最も確実
 数学的に証明されたことは、真理と言って良いという事実は格別に感じる。他の自然科学では、確からしく思えた説が別の説に乗り越えられることが常にありうる。その点、数学の進歩は人類の知的到達点であり、世界で最も確実なものだ。宇宙が数学的に記述でき、日常生活も数学なしには成り立たない現実を知るとさらに憧憬は深くなる。
 数学関連書を読むたび、思いを新たにする。『数学ガール』は、シリーズを通して「憧憬」を十全に表現してきた。素人に「フェルマーの最終定理」「ゲーデルの不完全性定理」といった高等数学の世界を垣間見させてくれるのも凄(すご)い。
 もっとも、高校までに習う数学すら、掘り下げれば予想もしない深みへと至る。『虚数の情緒』は、虚数という不思議な数をめぐり物理学まで見晴らす。熱い筆致で描かれる「想像上の数」i(虚数単位)が、まさに想像を超えて我々の日常に密着する様に驚かされる。
■かけ算に順序?
 日常と数学という括(くく)りなら『面白くて眠れなくなる数学』が読みやすい。クレジットカードにどんな数学が使われているのか? iPodで音楽を聞ける原理は? といった話題が満載で、我々の生活と数学が切っても切れないことを示す。
 数学一般書が「売れる」我々の社会は、数学的な思考に長(た)けているのか。実は心許(こころもと)ない。「憧憬」の前に「忌避」が立ちはだかり、数学嫌いの方が多いのではないか。高橋誠著『かけ算には順序があるのか』(岩波書店・1260円)を読むと、遠因のひとつは小学校教育かも、と感じた。「6人に4個ずつミカンを配ると……」という問題で「6×4=24」はバツ。「(1つ分の数)×(いくつ分)」と書くのが正しく「4×6=24」が正解。
 指導要領で決まっているわけではないが、教員が参照する指導書で強調されており「かけ算には正しい順序がある」と信じている小学校教員は多そうだ。児童が信じたまま大人になることも。証券会社の社員が「1株61万円」を「1円で61万株」と誤発注したいつぞやの事件も「正しい順序」にこだわるあまり混乱した、という説がある。
 本書では歴史や海外の事例をひき、「順序」が日本の小学校独特のものと明らかにする(つまり「正しい順序」はない)。とすると、導入時の教授法としてはともかく、いつまでも「順序」に拘(こだわ)るのはまずいのでは?
 中学に入ると抽象的な数学世界へいざなわれる。「順序」は問題にされない。しかし、直前まで「6×4は6個が4皿」「4×6は4個が6皿」と順序と意味に執着して教えられていたらどうか。具体物との対応を重視する算数から抽象的な数学へ、飛翔(ひしょう)するための助走路がない。「憧憬」に至る前に「忌避」に傾く人を増やしていないか。この懸念はうがちすぎだろうか。
 ◇かわばた・ひろと 作家 1964年生まれ。著書に『算数宇宙の冒険』『ギャングエイジ』など。



この記事に関する関連書籍

ニュースの本棚バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ