暮らしのお役立ち

3・11の記録 震災が問いかけるコミュニティの医療 [編]大久保満男、大島伸一

2012年08月09日

 東日本大震災で遺体の身元確認に奮闘した歯科医師たちの活動をまとめた。検視のルポや避難所での口腔(こうくう)ケアのあり方などが紹介されている。
 まとめた日本歯科医師会の大久保満男会長は「この活動記録が次の災害に生かされれば。地域のコミュニティーについて考えるきっかけにもして欲しい」と話す。問い合わせは日本歯科医師会広報課(03・3262・9322)へ。
    ◇
中央公論新社、税抜き1500円

関連記事

ページトップへ戻る