ニュースの本棚

保守主義から「右傾化」へ 中北浩爾さんが選ぶ本

2013年02月10日

緊急経済対策について会見する安倍晋三首相

■自民党政治の行方

 安倍首相は、参院選を控えて、アベノミクスと称される経済政策を前面に押し出し、安全運転に努めている。しかしながら、国防軍創設や天皇元首化を盛り込む憲法改正、歴史認識に関する政府方針の改訂などに向け、機会をうかがっているようだ。しかも、改憲案が谷垣前総裁の際に決定されたことからみると、こうした自民党の「右傾化」は、安倍総裁の下での一時的な現象とはいいがたい。
 かつての自民党は違った。1986年、当時のブレーンの佐藤誠三郎東大教授らが出版した『自民党政権』(中央公論社・品切れ)は、自民党が特定のイデオロギーにとらわれず、派閥や個人後援会、族議員などを通じて、多様な要求を汲(く)み上げ、変化に柔軟に対応してきたからこそ、長期政権を続けられているのだと主張した。
 現在、こんな派閥擁護論を説いたら、間違いなく守旧派のレッテルを張られてしまうであろう。しかし、佐藤は、学習院大学の香山健一教授らとともに、80年代、行政改革などに尽力した。ローマ帝国の滅亡に事寄せつつ日本の行く末に警鐘を鳴らし、土光敏夫経団連会長を驚嘆させた論文として、昨年、37年ぶりに話題になった『日本の自殺』は、現状肯定の上に立つ彼らの改革宣言であった。

■中庸という美徳
 ところが、このような自民党のあり方は、94年の政治改革を契機として正当性を失ってしまう。しかも、社会党に代わって、自民党離党者を一翼とする民主党が台頭してくると、自民党はアイデンティティー・クライシスに陥った。かくして自民党は、理念が希薄な民主党に対抗し、保守主義を強調するようになる。
 2009年から2年間にわたり自民党の機関紙に掲載された文章をまとめた櫻田淳『「常識」としての保守主義』は、その過程で生まれた最良の成果である。伝統を尊重しつつも、柔軟に新しいものを取り入れ、中庸を美徳とする、そうした態度を保守主義の本質とみる。
 これは以前、谷垣総裁が唱えた「おおらかな保守主義」に近いといえるが、民主党との違いが必ずしも鮮明ではない。また、北朝鮮の核開発や尖閣問題など日本を取り巻く国際環境も厳しさを増している。結局、自民党は、同書が「保守」と峻別(しゅんべつ)すべきだと指摘するナショナリスティックな「右翼」へと傾斜していった。

■草の根の組織化
 かつて安倍首相は、アメリカの共和党に言及しながら、「草の根保守」を組織化する必要性について語ったことがある。この間の自民党の変化も、民主党との対抗上、地方組織を重視し、「草の根民主主義」を標榜(ひょうぼう)したことが一因と考えられる。
 ただし、ジェンダーフリーに対するバックラッシュを分析した山口智美・斉藤正美・荻上チキ『社会運動の戸惑い』を読む限り、日本の「草の根保守」の運動は、既存のイメージに反して、まとまりに欠け、持続性が乏しいようにみえる。さらにいえば、こうした運動に関わらない一般の国民は、各種の世論調査によると、自民党政権の景気対策には期待を寄せても、憲法改正などには懐疑的な眼差(まなざ)しを向けている。
 安倍首相の安全運転は、次の参院選までのはずだ。「右傾化」する自民党を信任するのか否か、有権者が判断を迫られる日は、アベノミクスの熱気の背後で確実に近づいてきている。

 ◇なかきた・こうじ 一橋大教授(政治学) 68年生まれ。著書に『一九五五年体制の成立』など。近著に『現代日本の政党デモクラシー』。

関連記事

ページトップへ戻る