考証要集—秘伝!NHK時代考証資料 大森洋平さん

2014年03月09日

大森洋平さん=石野明子撮影

■江戸に鍋焼きうどんOKか?

 鍋焼きうどんは江戸時代劇に出してはいけない? 「こんにちは」は何時代のドラマからOKか?
 NHKの内部だけで使われていた資料だが、「面白い」と外に漏れ伝わり、このたび文庫化された。出典豊富なミニ歴史うんちく事典の趣。
 著者はNHK職員。番組制作に携わった後、希望して1999年から時代考証ひとすじ。「ドラマはフィクションなので、史実と違うのをダメと指摘するのではなく、なるべく史的に正しい形にするために意見具申します。登場人物がどんな場所でどんな格好で、どう行動するかの枠を規定する手助けをするんです。その枠がいい加減だと見るに値しない番組になってしまうので」という。
 外部の時代考証の専門家もドラマにかかわる。その専門家の守備範囲外に生じた疑問に大森さんは答える。日々、映画や本から所作や言葉遣いを収集し、昔を知る人々へ取材を重ね、各番組に具申した考証メモはA4で1万枚以上にのぼる。本書はそれをもとにうまれた。
 大河「義経」で平安時代の人はキスをしたのかと話題になった打ち合わせのこと、「坂の上の雲」をはじめ戦争を扱う番組の若手から何度も質問された「指揮官と司令官の違い」とは……。いまどきのドラマ制作の内側が感じられて興味深い。これを間違えると恥ずかしいよ、というコメントの裏には番組作りへの愛がにじむ。いまや考証は昭和30年代にまで及び、ドキュメンタリーにも広がっている。「いまは特に戦争時期の考証が重要になっています」。敬礼の仕方、軍隊での敬称などの項目に触れると、あの時代が急速に遠のいていく感じが伝わってきて、胸をつかれる。
    ◇
 文春文庫・651円

関連記事

ページトップへ戻る