CROSS OVER(週刊朝日)

激安食品の落とし穴 [著]山本謙治

2016年01月12日

■食品は適正価格で買うべき

 ありがちな書名だが、著者が人気ブロガー「やまけん」としても知られる農産物流通コンサルタント・山本謙治氏であるゆえ、凡百の類書と一線を画すのは当然だろう。徒に不安を煽ったり、エビデンスのない情報を流布したりすることなく、具体的、実践的かつ論理的に、われわれが執拗に安い食品を求めることが、結局われわれ自身の不利益になることを、強い説得力をもって示した本だ。
 例えば納豆について。10年前は3個パック128円程度だったのが、今は78円ほどに値下がりしているが、「安くなる理由はひとつもない」という。大豆の価格は高止まり、容器や包装フィルムも値上がりしているのだ。
 値下げを牽引したのは大手スーパーのプライベートブランド。製造業者に利益が出ないほど安い納豆を作らせ、その代わり、利益の出る商品もスーパーの棚に置かせてやる。そして取引量を増やして業者を自分たちに依存させると、儲けの出ない格安商品の割合を増やす。そのころには、そのスーパーとの取引を切られたら会社が立ち行かなくなるほどになっていて、断れなくなるという図式だ。
 商品の値段を適正値より低くする方法の具体例として、著者は「人をいじめる」ことや「ウソをつく」ことを挙げているが、納豆はその典型的な例のひとつだろう。
 その他、本書では、弁当、たまご、ハム・ソーセージ、惣菜、調味料などの現状を明らかにし、その適正ではない価格と、低価格を支えるからくりを解説していくが、問題点ばかりを指摘しているわけではない。著者が実際に取材した良心的な食品の作り手とその実にまっとうな製造現場の様子を紹介し、それらの製品を「佳い食」と位置づけるのだ。
 適正価格で買わないことは、社会悪となる、という著者の言葉が重く響く。食品は自然に由来し、激安食品ばかりを選択していくことは、確実に自然と人類の持続可能性を損なうだろう。そのことを痛感し、著者の言う「佳い食」こそを選択的に買おうと強く思った次第だ。

関連記事

ページトップへ戻る