文庫この新刊!

東直子が薦める文庫この新刊!

2016年11月20日

(1)『世界でいちばん美しい』 藤谷治著 小学館文庫 810円
(2)『甘いお菓子は食べません』 田中兆子著 新潮文庫 594円
(3)『湯川秀樹歌文集』 湯川秀樹著 講談社文芸文庫 1728円
    ◇
 『船に乗れ!』3部作で、音楽と共にある青春の輝きと挫折を描いた藤谷治が、新たな切り口で音楽を軸に描いた(1)。無垢(むく)な少年「せった君」こと「雪踏(せった)文彦」が天才音楽家へと成長していく姿が親友の目を通して描かれる。魂が奏でる幻の旋律が響きわたり、人生に対する情熱と感度を大いに上げてくれる。
 (2)は、自身の境遇に戸惑い、模索する中年女性たちを主体とする連作短編集。セックスレス、失職、アルコール依存症など、現代社会を象徴するテーマが盛り込まれているが、決して類型的ではなく、それぞれの固有の心に深く切り込む心理描写には、凄(すご)みがある。
 湯川秀樹が詩歌にも造詣(ぞうけい)が深かったことが分かる(3)。「素粒子の世界の謎を解きあぐみ旅寝の夢も結びかねつつ」と歌に詠み、目には見えない世界を追求しつつ、言語世界にも魅(ひ)かれる。物理法則と荘子の言葉との類似点を見つけ、石川啄木の「いのちなき砂」から「自然界の真理」を引き出すなど、切り口が新鮮。

関連記事

ページトップへ戻る