子どもの本棚

「銀杏堂」

2017年01月28日

 巨大な「にしきごいのうろこ」や古い瓶の中の「文字虫」。銀杏堂(ぎんなんどう)には不思議な骨董(こっとう)品がいっぱい。主人の高田さんがレンちゃんに聞かせてくれるのは、それらにまつわる冒険の数々。物語に物や人の歴史がどっしり根をはり、生きる上で重要なことを大人が子どもにきちんと手渡してくれる心強さがある。
 ★橘春香作・絵、偕成社、税抜き1600円、小学校高学年から

関連記事

ページトップへ戻る