みんなが生きてる世界を実感

[文]広松由希子(絵本評論家・作家)  [掲載]2017年02月25日

表紙画像 著者:レイン・スミス、レイン・スミス、青山 南  出版社:ビーエル出版

■「こどものなかま」

 ヤギのなかまは山に登る。ペンギンのなかまは水に潜る。男の子がひとり、次々といろんななかまと出会い遊んでは、違いを知って別れます。「ああ、自分のなかまを探す話ね」と先を急いではもったいない、一場面ずつたっぷり豊かな体験をさせてくれる絵本です。ヤギの群れを上に見送り、ペンギンと氷上を横にすべり、クラゲと海に潜ったり、カラスと空を飛んだり、自在に変化する画面構成で、視線が次の場面へ心地よく導かれます。これは絵本でしか味わえないよろこび。
 草や星はどんななかま? 違う種類はなかまになれないの? あれこれ感じ考えながら旅する過程にだいご味があります。みんなが生きている世界を実感して。
 ★レイン・スミス作、青山南訳、BL出版、税抜き1600円、4歳から

この記事に関する関連書籍

こどものなかま

著者:レイン・スミス、レイン・スミス、青山 南/ 出版社:ビーエル出版/ 発売時期: 2016年12月


子どもの本棚バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ