話題の新刊(週刊朝日)

本を守ろうとする猫の話 [著]夏川草介

2017年03月28日

 デビュー作『神様のカルテ』がヒットし、シリーズ化された著者の長編ファンタジー。
 主人公の高校生夏木林太郎は「夏木書店」を営む祖父と二人暮らし。その祖父が突然亡くなり、店をたたもうとしていた時、店の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を愛することができない“敵”から、本を助け出すため、林太郎に協力を求める……。
 世の中を勝ち抜くために“正論”のように聞こえる理屈を語る“敵”は手ごわい。読者は何が真実なのかわからなくなる。その“敵”に、本のすばらしさを伝える林太郎の姿は、物語が進むほどに凛としていく。成長していく林太郎とともに、読者は「何故、何のために、本を読むのか」を熟考し続けるだろう。読後、「夏木書店」に立ち寄りたくなるに違いない。

関連記事

ページトップへ戻る