池澤春菜が薦める文庫この新刊!

2017年04月09日

 (1)『風の名前1』 パトリック・ロスファス著 山形浩生ほか訳 ハヤカワ文庫 886円
 (2)『マイルズの旅路』 L・M・ビジョルド著 小木曽絢子訳 創元SF文庫 1404円
 (3)『天体嗜好症 一千一秒物語』 稲垣足穂著 河出文庫 1296円
    ◇
 今月は長い物語の終わりと始まり、そして時を超えて愛される物語を。
 (1)は話題沸騰のファンタジー長編の第1巻。一気呵成(いっきかせい)に読み終えてはたと気づいたのだが、1巻の時点ではほぼ宿屋の亭主が生い立ちを語っているだけだ。なのにこれだけ読ませてしまう筆のうまさ!今後どれだけ面白くなることか。読み始めるなら、今!
 (2)は現時点で16巻から生(な)るヴォルコシガン・サガのクライマックス。なので未読の方は第1巻『戦士志願』から読んで欲しい、と言う甚だ横紙破りな書評になってしまうが、このシリーズにはそれだけの価値がある。障害を持って生まれ、口八丁で宇宙を股にかけ飛び回るマイルズの冒険をぜひ。
 (3)は全ての文、全ての言葉が美しいタルホ文学の精髄。揺るぎない美学に裏打ちされた、唯一無二の世界は月光から醸造した酒のように私たちを酔わせる。ただし相当強いので、一気読みせず、一日一編ずつ嘗(な)めるように読むことをお勧めします。

風の名前 1 (キングキラー・クロニクル第1部)

著者:パトリック ロスファス、中田 春彌、山形 浩生、渡辺 佐智江、守岡 桜
出版社:早川書房

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る