オリジナル版 さっちん 荒木経惟さん

2017年04月23日

写真家の荒木経惟さん=東京・新宿、村上健撮影

■60年代の子供たち、「私写真」の原点
 
 天才アラーキーの出世作といえば、第1回太陽賞(1964年)を受けた「さっちん」。東京・下町のやんちゃな子供たちを活写し、94年の写真集や個展の場で、見る人を魅了してきた。しかし、それらは受賞作ではなかったというのだ。今回の写真集が、「幻のオリジナル版が半世紀を経て甦(よみがえ)る!」とうたうゆえんでもある。
 雑誌「太陽」に受賞作を掲載するため当該のコマをネガで入稿したが、手元に戻らず。その後はほかのコマの写真を発表してきたのだった。今回は当時の雑誌をスキャンし、一冊にまとめている。
 これまで見てきたものより陰影が深く、コントラストが強い。その変化を、「逆にいい気分が出てる。あの時代の現実はこんな感じだった」と歓迎する。
 撮影現場は、実家にほど近い三河島の古い団地。千葉大・写真印刷工学科の卒業制作で、子供たちを映画に撮ることにした。「『自転車泥棒』とかさ、ネオリアリズモにひかれてたんだよ」。同時に写真も撮り、卒業後の撮影分も加え、賞に応募したという。
 主役は、小学4年の男の子、さっちん。「けんかは弱いくせに、一番になりたがる。オレに近かったね」。叫んだり、顔をしかめたり、けんかの仲裁をしたり。そしてカメラに向かい突進してくる。「何でもさらけ出し、こっちも被写体のような気分で撮る。子供と同じ高さの目線で、いっしょに遊び、撮る。写真は動態だよ」。荒木流「私写真」の原点だろう。
 ドキュメンタリーが対象の太陽賞には、自信があった。「当時は公害とか学生紛争とかを撮った社会派が多かったけど、大切なものを忘れてたんだよ。身近な愛を。その点、オレは子供になって撮れた。いや、子供だったんだ」
 がんや右目失明を乗り越え、撮り続ける。今年は数多くの個展も予定されている。最近、街も人も、ますます素晴らしく映るという。「そう、なんでも興味津々。純粋なものに向かっている」
 喜寿ながら、子供のまなざしを持ち続けている。(大西若人)
    ◇
 河出書房新社・1728円

関連記事

ページトップへ戻る