子どもの本棚

「ドームがたり」

2017年04月29日

 100年以上広島を見続けてきた「ドーム」が自身の言葉で語る歴史と現在。原爆が投下され壊滅状態になった広島も、今この世界で生まれている「次の原爆になりうるもの」のことも、ドームはずっと見続けている。平和って何かなんて簡単に言えない。でもドームの声にしっかりと耳を傾けて感じてみて欲しい。(丸善丸の内本店児童書担当 兼森理恵)
 ★A・ビナード作、スズキコージ画、玉川大学出版部、税抜き1600円、小学校中学年から

関連記事

ページトップへ戻る