ベストセラー解読(週刊朝日)

新全訳古語辞典 [編]林巨樹・安藤千鶴子

2017年04月25日

現代語訳で覚える

 こんな辞書に、高校生のころ出会っていたなら! 昨年の暮れに発売された『新全訳古語辞典』を読みながら、つくづくそう思う。
 中年をすぎて初老にさしかかるころから、古典文学に親しむようになった。ときどき『源氏物語』や『伊勢物語』『平家物語』などを読んでみる。おもしろい。しかし、悲しいことに、よくわからないところも多い。日本語なのに。とくに和歌は雲をつかむようだ。若いころ、もっと勉強しておくのだった。
『新全訳古語辞典』は中高生向け学習辞典である。老眼+白内障の眼にはたいへん見やすい。中高生だけでなく、中高年にもオススメだ。用例が豊富でわかりやすく、全訳、つまり現代語訳が載っているので現代語とのニュアンスの違いもわかる。重要語は「まとめて覚える!」「これで覚える!」などメリハリの利いた解説があり、これは受験対策か。
 感心したのは敬語の解説だ。見取り図と図解によって、相手との関係やことばの用い方を説明している。たとえば同じ「聞こえさせ給ふ」でも、状況と文脈、関係によって意味が変わる。敬語とはトポロジカルなものなのだ。
 辞典本文のあいだに挟まれた付録が楽しい。たとえば「名歌名句事典」を熟読すると和歌の味わい方がわかってくる。さらにその中の「百人一首事典」は、小倉百人一首のそれぞれに現代語訳と解説をつけたうえに、こぼれ話的なコラムもついている。引くだけでなく、読みたくなる辞書だ。
 約1200ページもあるのに薄くて軽く、しかもこの安さ。いまからでも遅くない。この辞書を片手に、古典文学をがんがん読むぞ。(永江朗)

関連記事

ページトップへ戻る