悩んで読むか、読んで悩むか

「それなりの発散」が余裕生むかも 壇蜜さん

2017年06月11日

80年生まれ。テレビ・ラジオなどで活躍。エッセーや初の短編小説を収めた『泣くなら、ひとり』など。

■相談 考えを人に話せない自分を変えたい

 自分の考えや気持ちを人に打ち明けるのが苦手です。万が一にでも人に話したなら、頭の中が真っ白になって、自分のすべてが否定されるような寂寥(せきりょう)感に打ちひしがれます。孤独でいっぱいになるのです。そして自暴自棄になり、人から遠ざかって、CDやDVDを見ては自己陶酔にその身を委ねて過ごします。そんな自分を変えたいです。
 (埼玉県、会社員男性・47歳)

■今週は壇蜜さんが回答します
 相談者さまには漫画『バケツでごはん』をお薦めいたします。動物園が人間界と動物界の繋(つな)ぎ目だった……というちょっとファンタジーなお話かと思いきや、主人公のペンギン「ギンペー」は中途採用のため周囲のペンギンたちとぎくしゃくしたり、人気者として招待されたパンダは笹(ささ)の裏にキャビアを付けて、と破格の厚待遇を求めてきたり……「人間社会と変わらないじゃないか」と思わずにいられないほど妙に現実的。人から遠ざかっているなら、まずは「人以外の登場人物が多い、でも描写は人の世界っぽい漫画」、いかがでしょうか。描いた方は恐らく人間ですが。
 孤独って、すごく贅沢(ぜいたく)なものだと私は思います。多くの方々がしがらみや付き合いに振り回されて思わずため息をついてしまう日々を過ごしているでしょうから。そんな方々は大抵おっしゃいます「ああ、一人になりたい」と。皆一人になって孤独に浸りたいし、周囲からちやほやされて群れる楽しみを同時に感じたいのです。相談者さまのお悩みと、一人になりたい誰かさんの悩みは、もしかしたら根っこで繋がっているのかもしれませんね。二つの欲の前で欲しがったり疎ましくなったりしているの、私から見ればすごく素敵(すてき)です。粛々と人間でいようとする姿勢が文章から滲(にじ)み出ていますよ。
 人間も、ご紹介した漫画の登場動物たちも欲があり、社会や仲間と交流し、時々齟齬(そご)を生じさせ、それなりに発散してまた明日を迎えています。相談者さまに今必要なのは「それなりの発散」なのかもしれません。今の発散であろう自己陶酔はCDやDVD鑑賞といったインドアめなものでも実現できるかもしれませんが、体を動かすこともまた、「自分」という本体に「健康さ」「逞(たくま)しさ」を装備することで陶酔が味わえると思います。今までの体を変え、自分を肯定することから始めれば、緊張三昧(ざんまい)の日々に余裕の気持ちが生まれるかもしれません。話中の動物園の動物たち、観客のために優雅な姿を見せようと熱心に筋トレしていました。人間も負けていられません。
    ◇
 次回は俳優の石田純一さんが答えます。
    ◇
 ■悩み募集
 住所、氏名、年齢、職業、電話番号、希望の回答者を明記し、郵送は〒104・8011朝日新聞読書面「悩んで読むか、読んで悩むか」係、Eメールはdokusho−soudan@asahi.comへ。採用者には図書カード2000円分を進呈します。

関連記事

ページトップへ戻る