悩んで読むか、読んで悩むか

意味あるのかわからぬ、そのなかに 三浦しをんさん

2017年07月02日

三浦しをんさん

■相談 人を好きになることにどんな意味が

 好きな人ができず、周りから「浮いた話ないのー?」と言われて疲れてしまいます。好きな人がいることはすてきだと思います。気になる人はいても、付き合うほど好きかと言われると違います。「浮いた話ないの?」と聞かれるたびに、自分がどこか欠落した人間ではないかと不安になります。人を好きになることには、どんな意味があるのでしょうか。
 (東京都、大学生、女性・21歳)

■今週は三浦しをんさんが回答します

 大丈夫、あと二十年もすれば、「『浮いた話ないのー?』と聞くのも憚(はばか)られる人物」になれます(私がそうです)。つまり、なんとなく放置してもらえるようになります。二十年なんて永遠に思えるよと絶望なさるかもしれませんが、過ぎてみれば一瞬です。その一瞬を心の赴くまま大切に生きてください。あなたは(そしてだれしもが)自由な存在です。当然、恋に対するスタンスもひとそれぞれなのですから、不安にならなくていいのです。
 ちょっと気になるのは、相談者は意味を求めすぎなのかも、という点です。ひとを好きになることに、意味なんざありません。ただ、うれしかったり腹が立ったり満ち足りたり落ちこんだりするだけです。「他者と出会い、他者を知る喜びと驚き」があるだけです。
 「浮いた話ないのー?」と言われて疲れてしまうのは、「いい天気ですねー」と同様に、それを「意味のない話題だ」と感じるからでしょう。お気持ちはよくわかります。でも、「一見意味のない話題」を、ひとはなぜ口にするのだと思いますか?
 単に暇、など理由はいろいろ考えられますが、私は、「ひとは常に、自分以外のひとのことを知りたくてたまらないから」かなと思っています。「一見意味のない話題」は、それをきっかけに、相手といろんなことについて語りあえるかもしれない、という期待と希望の表れなのです。意味・無意味で事象や言動を判断していたら、他者について、自分自身について、「人間」という生き物について、知り、考え、想像する機会が大幅に減ってしまうのではないでしょうか。
 業田良家(ごうだよしいえ)の『自虐の詩(うた)』をおすすめします。名作四コマ漫画です。必ず、最初から順に読んでいってください。なんの意味があるのかわからぬもののなかにこそ、真の豊穣(ほうじょう)と輝きが宿っているのだということ、それこそが意味・無意味という二元論を超えた本当の「意味」なのだということを、きっとお感じいただけると思います。
    ◇
 次回は歌人の穂村弘さんが答えます。
    ◇
■悩み募集
 住所、氏名、年齢、職業、電話番号、希望の回答者を明記し、郵送は〒104・8011 朝日新聞読書面「悩んで読むか、読んで悩むか」係、Eメールはdokusho−soudan@asahi.comへ。採用者には図書カード2000円分を進呈します。

関連記事

ページトップへ戻る