文庫この新刊!

辻山良雄が薦める文庫この新刊!

2017年08月13日

 (1)『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』 pha著 幻冬舎文庫 583円
 (2)『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』 伊藤洋志著 ちくま文庫 734円
 (3)『森と氷河と鯨 ワタリガラスの伝説を求めて』 星野道夫著 文春文庫 1026円
    ◇
 社会に出るころには、景気はすでに下り坂、現実感のない〈経済成長〉よりは、自分らしい生きかたを探してみたい……。(1)(2)のような本が、同じ時期に文庫化したのも、時代の変わり目を表しているように思う。(1)は世間で重視されている「正社員」「家族」などの価値観に背を向け、お金に縛られず、自分の居場所を見つけるための知恵を伝える本。苦しいと思った時は、自分に立ち返る。幸せは物ではなく、心の中にしかない。(2)は自分の興味の中から、続けていける仕事(=ナリワイ)を複数つくり、それを組み合わせながら生計を立てていく方法論。試行錯誤してナリワイをする中で、失われていた自己が次第に回復していく。
 (3)はクリンギット・インディアンやエスキモーに、かつての生活や神話について取材した記録。祖先から受け継いだものを大切にして、昔と変わらない生活を送るその姿は〈美しい〉。没後二十年が経ち、再び読んだ星野の文章は、静謐(せいひつ)で余韻が深く、時代に流されない強靭(きょうじん)さがあった。

関連記事

ページトップへ戻る