話題の新刊(週刊朝日)

カリスマ解説員の楽しい星空入門 [著]永田美絵 [写真]八板康麿 [星座絵]矢吹浩

2017年09月12日

 夏から秋にかけて夜空を見あげる機会が増える気がする。夜風にあたりながら、あるいは旅の宿で窓辺にもたれて。ゆったりとした気持ちで星を眺めるのは格別だ。
 本書は、星を眺める時間を更に豊かにしてくれるかもしれない。プラネタリウムで働く著者による、星にまつわる教養本だ。四季の星座の探し方やそれにまつわる物語、日食や月食のしくみ、流れ星を見るコツなどが簡潔にまとめられている。「じつは大人でも、月の動きをしっかりと説明ができる方は案外少ないものです」。そうなのだ。むかし学校で習ったけれど、わかっているようでわかってない……。著者はそういう部分をわかりやすく説明してくれる。さすがプロの解説員! 最終章はプラネタリウムの裏話。機器トラブルを乗り越えた「はくちょう使いの永田」の話は笑えます。 (石原さくら)

関連記事

ページトップへ戻る