著者に会いたい

蒼のファンファーレ 古内一絵さん

2017年09月17日

古内一絵さん=東京都千代田区一ツ橋、郭允撮影

■弱い存在に心を寄せる「物語」を

 地方競馬の19歳の女性騎手・芦原瑞穂が、たくましく成長していく物語。2014年刊行の『風の向こうへ駆け抜けろ』の続編だ。
 「藻屑(もくず)の漂流先」とばかにされる廃業寸前の厩舎(きゅうしゃ)のスタッフは、傷ついた心を抱え、投げやりな人生を送っている。それでも瑞穂は女性蔑視とセクシュアルハラスメント、裏切りに耐えながら、前を向く。いつしか厩舎は一丸となって、起死回生の勝利をつかみ取る。疾走感あふれる文体に引き込まれ、読後には爽快さが残る。
 この物語を書くきっかけは、女性騎手の少なさを知ったことだった。「こんなに女性の進出が進んだ世の中で、どんなに苦労をしていることかと思いました」
 1年ほどかけて取材した。栃木県にある地方騎手の養成所、佐賀競馬の厩舎に行き、日本中央競馬会(JRA)の厩務員講座を受講した。現役の女性騎手にも話を聞いた。その経験が、作中の「どいつもこいつも寄ってたかって、私たちをバカにするな」「人の努力を、人の挑戦を甘く見るな」という言葉を生んだ。JRAで人気の藤田菜七子騎手から「どうしてこんなに騎手の気持ちがわかるのだろう」という言葉も届いた。
 弱い存在に心を寄せる作風には理由がある。
 「小説や映画のような『物語』は、弱い人のためにあるのだと思うんです。うまくいっていない人、居場所がない人、傷ついている人のために書いていきたい」
 大学を卒業して映画会社に入ったが、仕事に行き詰まり、心が弱ったことがある。20代で大きな失恋を経験した。そんなとき、物語が癒やしてくれたという。
 書いていると、登場人物になりきる瞬間が訪れる。パソコンのキーボードを打つ手の動きがもどかしいほど、言葉が湧いてくる。
 映画会社を辞め、作家デビューしたのが6年前。「最初はいいものが書ければいいと思っていましたが、今は、書き続けるためには売れなければだめだと覚悟を定めました」。青春もの、大人の女性に向けた物語、戦争の三つのテーマを追究していくつもりだ。
 (文・西秀治 写真・郭允)
    ◇
 小学館・1620円

関連記事

ページトップへ戻る