コミック

イメージファイト [作]藤緒あい

2018年02月04日

■オタク男子と美少女のビターなドラマ

 魔法少女アニメのキャラを愛するオタク男子高校生と、クラスで一番の美少女によるボーイ・ミーツ・ガール物語——なんて簡単な紹介で片づけられる作品じゃない。
 まず背景にあるのが教室内カースト。その底辺にいるオタク男子と頂点にいる美少女とは本来交わるはずがない。しかし、彼にとって〈クソな現実〉でしかない教室において、大好きな魔法少女に似た彼女は、想像のなかで〈べつの世界に連れてってくれる〉救世主的存在だった。一方、彼女もまた周りの勝手なイメージのお仕着せに違和感を抱いている。自慢の母が突然男と出奔したことに起因するどこか超然とした態度は、女子たちの嫉妬心に油を注ぐ。
 そんな2人を中心に、周りにどう見られるかがすべての女子や人のいいオタク友達など、語り手と視点を入れ替えながら重層的に展開されるドラマは痛々しくも美しい。
 特筆すべきは、主役の男子をマジでキモく描いた点だ。容姿もコミュ障的なしゃべり(フキダシのサイズと配置が絶妙)も少女マンガにあるまじきレベル。各人が放つセリフの鋭利さ、随所に見られる魔法のような描写には鳥肌が立つ。甘そうで甘くないビターな味がくせになる。
 南信長(マンガ解説者)
    ◇
 講談社 463円

関連記事

ページトップへ戻る