著者に会いたい

保守と立憲―世界によって私が変えられないために 中島岳志さん

2018年02月25日

中島岳志さん=相場郁朗撮影

■権力への歯止め、主体は「死者」

 「保守」と「リベラル」。対立すると思われている二つは、本来は他者との対話や寛容を重んじる価値観を共有し、親和性が高い。「保守こそリベラル」という政治学者としてのかねての視座から、この5年ほどの評論を中心にまとめた。ちょうど第2次安倍政権発足以降と重なるうえ、昨秋の総選挙で躍進した立憲民主党・枝野幸男代表との対談も収めるなど、時事性を深く刻むことになった。
 「いわゆる〈保守〉の言論が、僕には保守に思えない。保守思想の正統をたどると、現政権とは全然違う風景が見える」と語る。
 保守とは何かを教えたのは、大学に入った19歳で読んだ西部邁氏の著書『リベラルマインド』だ。人間とは不完全なものという懐疑的人間観、経験に基づく知を重視し、納得しての合意形成こそ保守の醍醐味(だいごみ)——若い頭にも「これには理がある」と思えたが、それでも「俺が保守?」と半年悩んだ、というのがほほえましい。
 「死者の立憲主義」という、第2章のタイトルが目を引く。保守思想では、死者もまた現在の社会の重要な構成要員なのだ。
 東日本大震災の直後、阪神淡路大震災を経験した自身の体験をもとに「死者とともに生きる」という文章を書き、被災地から驚くほどの反響があったという。「死者はいなくなったのではなく、死者となって存在している。生者には必ず死者と『出会い直す』時が来る。関係性が変わるんです」
 それを書いたことで、オルテガやチェスタトンら保守思想家の死者論に目が留まり、いまは政治学の重要テーマと考え始めている。
 「『立憲』とは国民が権力に歯止めをかけるルール。現在の国民が民主的に選んだ権力者でも、暴走への歯止めが必要です。立憲の主体は、死者なんです」
 強権的な安倍政権に代わる選択肢の一つとして、「死者の立憲主義」を軸に置くのである。
 決定的な出会いをしたという西部氏には、亡くなる2週間ほど前に自宅に呼ばれ、別れをしてきたという。いずれ、西部氏とも「出会い直し」が訪れるだろう。
 (文・大上朝美 写真・相場郁朗)
    ◇
スタンド・ブックス 1944円

保守と立憲 世界によって私が変えられないために

著者:中島 岳志
出版社:スタンド・ブックス

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る