話題の新刊(週刊朝日)

真実 [著]梶芽衣子

2018年04月17日

 強い眼差しのモノクロームのカバー写真は、80年代に撮られたオフショットの一枚だという。
 映画「女囚さそり」で、セリフを発しなかった真意。かつての交際相手と交わした固い約束を守り続けた独身の生涯。女優・梶芽衣子が自ら記す数々の「真実」。
 夏目雅子の代表作「鬼龍院花子の生涯」。映画化決定の前、梶は自ら演じるために映画の企画を立て、東映に持ち込んでいたという驚きのエピソードも。“たられば”の話でしかないが、梶芽衣子版の鬼龍院花子、どのような表情を見せただろうか。
 歌手としても活躍、70歳を迎えてから、ロックを歌うようになり、こう記す。〈七十歳のロック、いいじゃない?〉
 タランティーノ監督も魅了したその「ロックな」空気は、時代を超え、響く。 
(太田サトル)

真実

著者:清水 まり、梶 芽衣子
出版社:文藝春秋

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る