コミック

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

バックナンバー:2011年2010年2009年2008年2007年2006年

セクシー田中さん(1) [作]芦原妃名子

セクシー田中さん(1) [作]芦原妃名子

■精神の解放と自立、テンポよく  こんなタイトルだがエロいマンガではない。田中さんは40歳の独身OL。“経理部のAI”と呼ばれるほど仕事はできるが地味で暗く社交性も乏しい。セクシーとは対極にあるようなキャラである。  ………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年05月12日

まがいの器〜古道具屋奇譚〜 [作]水木由真

まがいの器〜古道具屋奇譚〜 [作]水木由真

■記憶の万華鏡、骨董品に宿るドラマ  使い込まれた古道具や骨董(こっとう)品には、何かが宿っている気配がある。長い時間をかけて物に染みつき、にじみ出てくる物語の数々を、謎めいた古道具屋の主人を狂言回しにして描く短編シリ………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2018年05月05日

赤ちゃん本部長 [作]竹内佐千子

赤ちゃん本部長 [作]竹内佐千子

■なぜか突然、上司が赤ん坊に!?  子連れ出勤OKの会社を取材した番組や記事をたまに見かける。それは取りも直さずそういう会社の存在自体が珍しいということだろう。  では、有無を言わさず職場に赤ん坊がやってきたらどうする………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年04月21日

ありがとうって言えたなら [作]瀧波ユカリ

ありがとうって言えたなら [作]瀧波ユカリ

■逝く母、残される娘、包み隠さず  一番身近なのに時に遠ざかりたくなって、それでも居なくなるなんて考えられない存在って? 謎かけのような書き出しになってしまったが、多くの母娘はそんな関係ではないか。しかし、万物に終わり………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2018年04月14日

ものするひと(1) [作]オカヤイヅミ

ものするひと(1) [作]オカヤイヅミ

■30歳の作家の日常、ゆるやかに  雑誌「文像」の新人賞を受賞しデビュー。1DKのアパートに一人暮らしで、警備のアルバイトをしながら小説を書く。体が大きくどこか茫洋(ぼうよう)とした雰囲気。「人に対して全然執着とか依存………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年04月07日

どこか遠くの話をしよう(上・下) [著]須藤真澄

どこか遠くの話をしよう(上・下) [著]須藤真澄

■小さな謎が時空を超えて壮大に  山岳地帯ののどかな村で暮らす少女を主人公に、穏やかな日常の生活を描くドラマ。ていねいで優しい絵の積み重ねが、生き生きとした情感を伝えて、心地よい。と思って、ゆったり読んでいたら、物語の………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2018年03月18日

スナック バス江(1) [作]フォビドゥン澁川

スナック バス江(1) [作]フォビドゥン澁川

■うっかりハマると抜け出せない  札幌の場末のスナック、その名も「バス江」。ネーミングからしてふざけているが、ママの名前だから仕方ない。氣志團の綾小路翔に似たバス江ママとチーママの明美が切り盛りするその店は、客にとって………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年03月11日

スピン [作]ティリー・ウォルデン [訳]有澤真庭

スピン [作]ティリー・ウォルデン [訳]有澤真庭

■スケート、同性への恋、巣立ち…  1996年生まれの新鋭によるメモワールだ。  5歳でスケートをはじめた著者は、多感な時期をフィギュアとシンクロナイズドスケートに明け暮れて過ごす。引っ越しによる環境の変化、技を習得す………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2018年03月04日

八百森のエリー(1) [作]仔鹿リナ

八百森のエリー(1) [作]仔鹿リナ

■青果仲卸の若者たち、愛情込め活写  またひとつ、読み応えあるお仕事マンガが誕生した。舞台は栃木県下の青果市場。そこに本社を置く仲卸会社で働く若者たちの奮闘記だ。  大学で農業を学んだエリーこと卯月瑛利(うづきえいり)………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年02月18日

ひさかたのおと(1) [作]石井明日香

ひさかたのおと(1) [作]石井明日香

■人知を超えたものの気配、濃密に  気持ちのいい風と波の音。ページをめくるたびに、それらが胸いっぱいに広がり、心が軽やかになる。豊かな自然の島を舞台に、穏やかでちょっと不思議な日々の暮らしを体感させてくれる作品だ。  ………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2018年02月11日

イメージファイト [作]藤緒あい

イメージファイト [作]藤緒あい

■オタク男子と美少女のビターなドラマ  魔法少女アニメのキャラを愛するオタク男子高校生と、クラスで一番の美少女によるボーイ・ミーツ・ガール物語——なんて簡単な紹介で片づけられる作品じゃない。  まず背景にあるのが教室内………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年02月04日

きまじめ姫と文房具王子(1) [作]藤原嗚呼子

きまじめ姫と文房具王子(1) [作]藤原嗚呼子

■愛ゆえ饒舌に語られるうんちく    筆記時にインクが紙に流れ落ちる速度が速いとハイになる。人に話すと、ミシン目が入っている手帖(てちょう)の端を切り取る瞬間が堪(たま)らないなど、思いもよらぬこだわりが飛び出して楽し………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2018年01月21日

鬼踊れ!!(1) [作]篠原ウミハル

鬼踊れ!!(1) [作]篠原ウミハル

■民俗芸能、未知との遭遇に心が躍る  競技かるたを題材に大ヒットした『ちはやふる』以降、俳句、和太鼓、箏曲、クイズなど、文化系マイナー部活を扱った作品がいくつも登場している。本作もそのひとつ。テーマは民俗芸能だ。  都………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年01月14日

我らコンタクティ [作]森田るい

我らコンタクティ [作]森田るい

■心揺さぶるロケット開発コメディー  町工場で宇宙ロケットを作って打ち上げようと奮闘する、1巻完結のドラマ。  読み終えて胸が熱くなった。といっても、「下町の工場が技術力で世界へ打って出る」みたいな、よく聞くサクセスス………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2018年01月07日

みくまりの谷深(1)(2) [作]小川幸辰

みくまりの谷深(1)(2) [作]小川幸辰

■民俗学的興味をそそられる怪物  伝説の生物ホラー『エンブリヲ』の作者の新作は、なんと全2巻描き下ろし。虫愛(め)づる少女を主人公に、生物の進化と多様性、種の保存、環境と生態系について描いた前作とテーマ的には通じる。た………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2017年12月17日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る