悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

読書面に連載。読者から寄せられた質問・悩みに著名人がお答えします。(2016年春開始)

つらさや苦しさにも複雑な味わい 斎藤環さん

つらさや苦しさにも複雑な味わい 斎藤環さん

相談 先の見えない不安に押し潰されそう  若い頃は「なんとかなるさ」と気楽に、前向きに頑張ることができました。けれども、もうすぐ50歳。仕事、親の介護、子どもの将来など、先の見えない不安で押し潰されそうです。私たちの世………[もっと読む]

[文]斎藤環 [掲載]2017年07月16日

現実には絶対にできない旅を 穂村弘さん

現実には絶対にできない旅を 穂村弘さん

■相談 心だけでも外国へ連れ出してほしい  子どもの頃から外国への憧れが強く、特にヨーロッパの美しい街並みが好きで、独身時代は長期休暇のたびに海外へ出かけていました。しかし、結婚をし、育児をしている今の生活ではなかなか………[もっと読む]

[文]穂村弘 [掲載]2017年07月09日

意味あるのかわからぬ、そのなかに 三浦しをんさん

意味あるのかわからぬ、そのなかに 三浦しをんさん

■相談 人を好きになることにどんな意味が  好きな人ができず、周りから「浮いた話ないのー?」と言われて疲れてしまいます。好きな人がいることはすてきだと思います。気になる人はいても、付き合うほど好きかと言われると違います………[もっと読む]

[文]三浦しをん [掲載]2017年07月02日

和歌に自己投影、ドキドキを! 石田純一さん

和歌に自己投影、ドキドキを! 石田純一さん

■相談 好きだった人に告白しなくていいの  50歳を過ぎたのに「人生で一番好きだった人に告白しなかった」ことを悶々(もんもん)と後悔しています。小学生の頃のことですが、恥ずかしくてできなかったのです。ずっと「死ぬ間際に………[もっと読む]

[文]石田純一 [掲載]2017年06月18日

「それなりの発散」が余裕生むかも 壇蜜さん

「それなりの発散」が余裕生むかも 壇蜜さん

■相談 考えを人に話せない自分を変えたい  自分の考えや気持ちを人に打ち明けるのが苦手です。万が一にでも人に話したなら、頭の中が真っ白になって、自分のすべてが否定されるような寂寥(せきりょう)感に打ちひしがれます。孤独………[もっと読む]

[文]壇蜜 [掲載]2017年06月11日

「何かのために」ではなく 水無田気流さん

「何かのために」ではなく 水無田気流さん

■相談 哲学は現代の問題解決に役立つか  世界が混沌(こんとん)としているように感じます。世界を根本から見つめてみたいと思っています。そのために、何か哲学書を読んでみるのがいいのかもしれないと思うのですが、哲学は現代の………[もっと読む]

[文]水無田気流 [掲載]2017年06月04日

「もじゃもじゃ」は生命力の源かも 穂村弘さん

「もじゃもじゃ」は生命力の源かも 穂村弘さん

■相談 散髪嫌がり床屋に行かない息子たち  小学6年生と3年生の息子が散髪を嫌がり、髪を伸ばし放題にしています。長男は低学年の時はスポーツ刈りほど短くしていたのですが、今は「床屋に絶対に行かない」と言い張ります。次男も………[もっと読む]

[文]穂村弘 [掲載]2017年05月21日

居場所を増やして、人生を肯定して 荻上チキさん

居場所を増やして、人生を肯定して 荻上チキさん

■相談 友だちの自慢話をほめてしまう  友人の自慢話やグチを聞かされることが多く、ウンザリしています。グチに耳を傾けてしまったり、自慢話に「すごいね」などと言ってしまったりするのが悪いのだと分かっているのですが、肯定的………[もっと読む]

[文]荻上チキ [掲載]2017年05月14日

戦う母親の物語でストレス解消を 吉田伸子さん

戦う母親の物語でストレス解消を 吉田伸子さん

■相談 ママ友のつきあいで、もやもや  「持ちつ持たれつ」という言葉がありますが、ご近所やママ友とのつきあいは「持ちつ」が多くて嫌になります。うちにばかり遊びに来たり、路上で遊んでいる子どもたちを私が見守っているのにほ………[もっと読む]

[文]吉田伸子 [掲載]2017年05月07日

距離置くと違う風景見えるのでは 斎藤環さん

距離置くと違う風景見えるのでは 斎藤環さん

■相談 無愛想な向かいの夫婦、心軽くしたい  向かいの家に住む30代のご夫婦の件で相談です。ご夫婦は近所中の人を避けている感じがします。理由は分かりません。私があいさつをしても、無視されるか、嫌な顔をされます。ご夫婦に………[もっと読む]

[文]斎藤環 [掲載]2017年04月23日

別の人生を想像しつつ、今ある愛を磨く 三浦しをんさん

別の人生を想像しつつ、今ある愛を磨く 三浦しをんさん

■相談 見合いで平穏な人生、心を焦がしたい  恋愛に恵まれず、38歳で見合い結婚をしました。夫に不満はなく、子ども2人と平穏無事に暮らしています。それでもこのまま人生が終わるかと思うと、やるせない。瀬戸内寂聴さんの「1………[もっと読む]

[文]三浦しをん [掲載]2017年04月16日

情景と母の味、昔話に記憶をたどる力 山本一力さん

情景と母の味、昔話に記憶をたどる力 山本一力さん

  ■相談 ふるさとへの思い、熱くしたい  昨年は各地の名産が欲しくて、故郷とは関係ない土地に「ふるさと納税」をしました。みかんや牛肉などをもらって喜んでいましたが、先祖代々暮らし、自分が今も住んでいるまちに対して申し訳………[もっと読む]

[文]山本一力 [掲載]2017年04月09日

虚実のはざまに立ちのぼる香気 石田純一さん

虚実のはざまに立ちのぼる香気 石田純一さん

■相談 なぜか悪役にひかれます  人づきあいが苦手で、基本的に人間嫌いです。でも最近は、趣味の映画鑑賞で悪役に、それも気が弱かったり、卑怯(ひきょう)だったりする人物にひかれます。正義を振りかざすヒーローより人間的ない………[もっと読む]

[文]石田純一 [掲載]2017年04月02日

飢えから生まれる「生きる欲」 壇蜜さん

飢えから生まれる「生きる欲」 壇蜜さん

■相談 残りの人生、「コレ」と思えるものを  「農家の嫁」としてドップリつかった40年。義父母が他界し、あの戦いの日々は何だったのか……。平穏な毎日に空しささえ感じ、ふと我に返ったとき、私に残ったものってなにと思ってし………[もっと読む]

[文]壇蜜 [掲載]2017年03月19日

より良く生きるため、大切なのは好奇心 水無田気流さん

より良く生きるため、大切なのは好奇心 水無田気流さん

■相談 小学生の息子たちが全く宿題をしない  小2と小5の息子の母です。2人とも、全く宿題をしません。ちょっときつく言おうものなら、たちまち逆ギレして「そんな言い方されるからやる気がなくなった」と言います。「上手に褒め………[もっと読む]

[文]水無田気流(詩人・社会学者) [掲載]2017年03月12日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る