古典百名山

古典百名山

古典百名山

古典百名山。2017年4月から日曜読書面に連載。桜庭一樹さんと大澤真幸さんが交代で執筆します。

カール・マルクス「資本論」 大澤真幸が読む

カール・マルクス「資本論」 大澤真幸が読む

■私(〈物〉)の価値と他者(〈貨幣〉)の支配と  この連載(大澤担当分)の第一回としては、この本以外には考えられない。ここ二百年間に出た人文社会系の本の中で最も重要な本、『資本論』。フランスの哲学者デリダは、マルクスを………[もっと読む]

[文]大澤真幸(社会学者) [掲載]2017年04月16日

ライマン・フランク・ボーム「オズの魔法使い」 桜庭一樹が読む

ライマン・フランク・ボーム「オズの魔法使い」 桜庭一樹が読む

■よりよい自分を願う旅  どうしてあんなことを言ってしまったんだろう? 無神経な一言! ウァー、わたしってやつは!? わざと意地悪する人よりひどい。まったく、脳味噌(のうみそ)じゃなくて食べるほうの味噌でも入ってんじゃ………[もっと読む]

[文]桜庭一樹(小説家) [掲載]2017年04月09日

  • 1

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る