今、一番話題のビジネス書

今、一番話題のビジネス書

今、一番話題のビジネス書

世間で話題になっている最新のビジネス書や、ビジネスマンとして読んでおきたい本を紹介します。(提供:オトバンク)
●「新刊JP だれかに話したくなる本の話」トップ

体力と根性はもう必要ない 伸び悩む営業マンが知るべき思考法

体力と根性はもう必要ない 伸び悩む営業マンが知るべき思考法

 「足で稼ぐ営業」を続けても成果が出ない。新規顧客を狙っても受付が突破できない。「数打ちゃ当たる」と電話をしても誰も話を聞いてくれない。  そんな悩みを抱えながら、体力と根性だけでノルマに立ち向かっている営業マンはそろそ………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年11月14日

これを読まないと三流で終わる「最強のマーケティング・バイブル」

これを読まないと三流で終わる「最強のマーケティング・バイブル」

 一流のビジネスマンや成功している起業家が、必ず読んでいる一冊というものがある。  『ハイパワー・マーケティング』もそうした書籍の一つだ。  本書は、過去に二度刊行され、その内容の濃さから長らくコンサルタントやマーケッタ………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年11月14日

労働時間がいちばん長い都道府県は? ランキングで明らかになる「格差」

労働時間がいちばん長い都道府県は? ランキングで明らかになる「格差」

 労働時間が長い都道府県1位はどこだろうか?  近年、ブラック企業が問題視されているが、ニュースになるのは大都市かその周辺にある都道府県のようなイメージがある。  ところが、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」(2015年)………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年09月26日

「報酬」と「罰金」、どちらの方が強いモチベーションになるのか?

「報酬」と「罰金」、どちらの方が強いモチベーションになるのか?

 部下や同僚のモチベーションを引き出すために「罰金」と「報酬」を与えるのでは、どちらが効果的だろうか?  「モチベーション」とは、「行動のための動機、理由」のこと。部下や同僚に「この仕事を迅速に処理しよう」「生産性のある………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年09月19日

人工知能、遺伝学、ネットワーク――多様性の未来を紐解く「9つの原理」とは?

人工知能、遺伝学、ネットワーク――多様性の未来を紐解く「9つの原理」とは?

 ネットワーク時代の到来によって、様々なものが急激に、絶え間なく変化し続けている。ネットワーク、人工知能、遺伝学、製造業、輸送、医療などにおけるイノベーションは日々、どこかで起こっている。  しかし、変化し続ける社会に、………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年08月02日

凋落が止まらない!アパレル業界が抱える深い闇

凋落が止まらない!アパレル業界が抱える深い闇

 いよいよ夏の盛りに入るわけだが、百貨店や路面のアパレルショップをのぞくと、早くも今年の秋冬物の新作が並び始めている。しかし、「待っていました」とそこに集まる人々は、どの店を見てもまばらだ。  ファッションの買い物はネッ………[もっと読む]

[文]新刊JP編集部/山田洋介 [掲載]2017年07月25日

“生涯投資家”村上ファンドを率いた村上世彰が指摘する日本企業の問題

“生涯投資家”村上ファンドを率いた村上世彰が指摘する日本企業の問題

■村上世彰は、なぜ今、筆をとったのか?  「もの言う株主」として2000年代に世間の耳目を集めた投資家がいる。  アパレルメーカー「東京スタイル」にプロキシーファイト(議決権争奪戦)を行い、ニッポン放送や阪神電気鉄道な………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年07月11日

人生やビジネスで誰かに相談されたとき、本当に相手の役に立つために何をすべきか?

人生やビジネスで誰かに相談されたとき、本当に相手の役に立つために何をすべきか?

 人生やビジネスで、誰かに相談される場面は多々ある。  特に、ビジネスは「こうしたい」「こんなものを作りたい」という種があり、それらを「どうしたらいい?」と“相談すること”の連続であると言っても過言ではない。  クライア………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年06月27日

グローバル化の終焉を告げた2つの「事件」と「閉じた経済圏」の可能性とは

グローバル化の終焉を告げた2つの「事件」と「閉じた経済圏」の可能性とは

 以前から「資本主義」の限界が叫ばれてきたが、肝心の「資本主義の次にあらわれる世界」の議論については不透明な部分があった。  それが、2016年に起きた2つの決定的な事件――イギリスのEU離脱と、ドナルド・トランプのアメ………[もっと読む]

[文]新刊JP編集部/金井元貴 [掲載]2017年06月22日

「ヒト」「モノ」「カネ」で倒産の兆候は見えてくる

「ヒト」「モノ」「カネ」で倒産の兆候は見えてくる

 1年間で「8164件」。  これは2016年に倒産した企業の数だ。  じつは、リーマンショック後の2009年12月に中小企業金融円滑法が施行されてから、企業倒産は2010年以降、7年連続で減少している。  とはいえ、経………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年06月13日

  • 1

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る