思い出す本 忘れない本

思い出す本 忘れない本

思い出す本 忘れない本

読書面に連載。各界で活躍する人たちが、本との出会いを語ります。

坂田明さん(サックス奏者)と読む『ソロモンの指環―動物行動学入門』

坂田明さん(サックス奏者)と読む『ソロモンの指環―動物行動学入門』

■共に暮らして生態を理解 『ソロモンの指環―動物行動学入門』 著・コンラート・ローレンツ(早川書房・1785円)  コンラート・ローレンツは動物行動学という新しい分野を切り開いた人である。その不朽の名著『ソロモンの指環………[もっと読む]

[掲載]2012年10月07日

梅佳代さん(写真家)と読む『COJI—COJI』

梅佳代さん(写真家)と読む『COJI—COJI』

■授業中にこっそり読んだ 『COJI(コジ)—COJI(コジ) (1)〜(4)』 さくらももこ作(集英社・1〜4巻・各540円)  私と同世代の女の子はほぼ全員「ちびまる子ちゃん」が好きだと思うんですよ。まるちゃんがア………[もっと読む]

[文]加来由子 [掲載]2012年09月23日

宮崎美子さん(俳優)と読む『草の花』

宮崎美子さん(俳優)と読む『草の花』

■愛を語る、まばゆい世界 『草の花』  著・福永武彦(新潮文庫・460円)  高校1年生の時に、友だちの薦めで読みました。「すごく良いから読んでみて」と上級生に教えられたクラスの子を通して、仲良しの女子グループの間では………[もっと読む]

[掲載]2012年09月16日

枝元なほみさん(料理研究家)と読む『いよいよローカルの時代』

枝元なほみさん(料理研究家)と読む『いよいよローカルの時代』

■震災後に勇気づけられた 『いよいよローカルの時代』 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、辻信一著(大月書店・1260円)  東電福島第一原発の事故後、自分はどうやって食にかかわっていけばいいのか、模索し続けています。いまだに………[もっと読む]

[掲載]2012年09月09日

宇田川清江さん(フリーアナウンサー)と読む『流れる』

宇田川清江さん(フリーアナウンサー)と読む『流れる』

■言葉そぎ落とした潔さ 『流れる』 著・幸田文(新潮文庫・546円)  子どもの頃は少女小説や絵本を読んでいました。学童疎開をした山形では、姉が送ってくれた『虹のをぢさん』という本を何回読んだかわかりません。戦後、東京………[もっと読む]

[掲載]2012年09月02日

澤本嘉光さん(CMプランナー)と読む『おーい でてこーい』

澤本嘉光さん(CMプランナー)と読む『おーい でてこーい』

■ユーモアとアイデアに憧れ 『おーい でてこーい』 著・星新一(講談社青い鳥文庫・651円)  僕はテレビコマーシャルを考える仕事をしています。ソフトバンクのおとうさん犬のCMや、東京ガスの「ガス・パッ・チョ!」などの………[もっと読む]

[掲載]2012年08月19日

中島誠之助さん(古美術鑑定家)と読む『人間の條件』

中島誠之助さん(古美術鑑定家)と読む『人間の條件』

■極限の中、何十回も読んだ 『人間の條件』 著・五味川純平(岩波現代文庫・上・中・下各1365円)  1960年、大学を出てすぐの私は何とかして外国に行きたかった。遠洋漁船に乗れば行けるかと思ったが、ツテもない。すると………[もっと読む]

[掲載]2012年08月12日

大越健介さん(NHK「ニュースウオッチ9」キャスター)と読む『どくとるマンボウ青春記』

大越健介さん(NHK「ニュースウオッチ9」キャスター)と読む『どくとるマンボウ青春記』

■格闘して生きる姿に憧れて 『どくとるマンボウ青春記』 著・北杜夫(新潮文庫・540円)  小学生のころは読書嫌いの子どもでした。中学生になって大人が読むような文庫本を読んで初めて「面白い」と思って、それから、中学生向………[もっと読む]

[掲載]2012年08月05日

為末大さん(元プロ陸上競技選手)と読む『ホモ・ルーデンス』

為末大さん(元プロ陸上競技選手)と読む『ホモ・ルーデンス』

■「スポーツは遊び」肯定 『ホモ・ルーデンス』 著・ヨハン・ホイジンガ(中公文庫・920円)  『ホモ・ルーデンス』は、深いところでスポーツの社会的意義や起源を調べていくと必ず出会う本です。24〜25歳のとき友人に薦め………[もっと読む]

[掲載]2012年07月22日

倉田真由美さん(漫画家)と読む『三国志』

倉田真由美さん(漫画家)と読む『三国志』

■曹操の実在感にひかれた 『三国志』 著・吉川英治(吉川英治歴史時代文庫全8巻・各巻798円ほか)  漫画家になってから私のメーンテーマはずっと恋愛。ですが、中学生のころは現実の男の子には、関心が向かなかったんです。好………[もっと読む]

[掲載]2012年07月15日

西川のりおさん(芸人)と読む『十五少年漂流記』

西川のりおさん(芸人)と読む『十五少年漂流記』

■純粋な生活にロマン 『十五少年漂流記』 著・ジュール・ヴェルヌ(新潮文庫・420円)  小学生のころ、親に「本買うならお金出す」と言われて、近所の本屋さんに行ったことがありました。『ガリバー旅行記』は、絵本で読んです………[もっと読む]

[掲載]2012年07月08日

飯森範親さん(指揮者)と読む『スティーブ・ジョブズ全発言』

飯森範親さん(指揮者)と読む『スティーブ・ジョブズ全発言』

■「1対1」への意識に共感 『スティーブ・ジョブズ全発言』 著・桑原晃弥  ビジネス書は結構読みます。指揮者は、楽団を支援して下さる企業などのスポンサーとご一緒する機会が多い。そういう方々と語れる共通言語を持っていない………[もっと読む]

[掲載]2012年07月01日

辻元清美さん(衆議院議員)と読む『墨攻』

辻元清美さん(衆議院議員)と読む『墨攻』

■こんな時、彼ならどうする 『墨攻』 著・酒見賢一(新潮文庫・品切れ。マンガ版は小学館文庫全8巻・各610円)  「みんなが主役で船を出す」というピースボートの活動は、中学の時に読んだ小田実さんの『何でも見てやろう』の………[もっと読む]

[掲載]2012年06月17日

市川実和子さん(モデル・女優)と読む『赤ずきん』

市川実和子さん(モデル・女優)と読む『赤ずきん』

■懐かしい「今」が見える 『赤ずきん』 著・シャルル・ペロー 写真・サラ・ムーン(西村書店・1050円)  思い出す本、忘れない本。年を重ねるごとに、その数はすこしづつふえていくのに、その「一冊」を探し出すことが、だん………[もっと読む]

[掲載]2012年06月10日

しまおまほさん(マンガ家)と読む『カトゥーンズ』

しまおまほさん(マンガ家)と読む『カトゥーンズ』

■みんな主役でみんなワキ役 『カトゥーンズ』 著・岡崎京子(角川書店・1029円)  10代後半のわたしは、“理想のわたし”ばかりを追いかけていた。小さな頃、夢を尋ねられれば、「おすもうさんになりたい」とか「お家(うち………[もっと読む]

[掲載]2012年06月03日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る