コミック

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

バックナンバー:2011年2010年2009年2008年2007年2006年

BIRDMEN(1) [作]田辺イエロウ

BIRDMEN(1) [作]田辺イエロウ

■突然俺の背中に翼が生え  まんがやテレビには昔から変身ヒーロー物というジャンルがある。この作品もその系譜に連なるもののようだ。展開はまだ序盤だが、読み進むと、ある意味で使い古されたともいえるこの分野へ、あえて今挑戦し………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2013年12月01日

さよならまたこんど [作]いがわうみこ

さよならまたこんど [作]いがわうみこ

■器のデカさ感じる“変な感じ”  著者の作品を初めて読んだときの違和感を今も思い出す。コマやセリフ、キャラの演技に妙な飛躍と間があり、従来のマンガとちょっと文法が違う感じ。しかしそれは、不快ではなく新鮮な驚きを伴うもの………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年11月17日

ルームメイト 上 [作]武富健治 [原作]今邑彩

ルームメイト 上 [作]武富健治 [原作]今邑彩

■同居人は一体、何者なのか  『鈴木先生』の武富健治が、クールなのに熱いそのタッチとすこぶる相性のいいサスペンスを連載中だ。1本は伝承が残る孤島の不穏な事件を描いた『惨殺半島赤目村』、もう1本は映画化も発表された今邑彩………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2013年11月10日

スナップガール [作]空木哲生

スナップガール [作]空木哲生

■生命力に満ちた人生の営み  タイトルとカバー絵だけ見て近年流行のカメラ女子のほっこりした日常を切り取った作品と思ったら大間違い。いや、表題作は確かにそんな内容だが、写し出されているのは家族の時間であり、地に足の着いた………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年11月03日

イーフィの植物図鑑(1) [作]奈々巻かなこ

イーフィの植物図鑑(1) [作]奈々巻かなこ

■薬草を探し、父と各地を放浪  17世紀のヨーロッパを舞台にしながら、現実とはちょっと違う世界を描くファンタジー作品。テーマは一風変わっていて、植物だ。薬草となる植物を探し集めることが生業の「プランツハンター」の主人公………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2013年10月20日

フイチン再見!(1) [作]村上もとか

フイチン再見!(1) [作]村上もとか

■“女傑”上田トシコの漫画人生  今でこそ女性漫画家の活躍めざましく、男性誌を主戦場とする作家も多い。が、マンガ黎明(れいめい)期には逆に、男性作家が少女誌に描いていた。なぜなら、女性の漫画家がいなかったから。  そん………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年10月13日

イノサン(1・2) [作]坂本眞一

イノサン(1・2) [作]坂本眞一

■気高い死刑執行人の苦悩  新田次郎の小説『孤高の人』を原案とし、登山家・加藤文太郎の生涯を描いた『孤高の人』で、孤独な男の内面と立ちはだかる連峰を圧倒的筆致で描ききった著者。今回選んだのは革命前夜の18世紀フランス、………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2013年10月06日

迷信話集 うつつのほとり [作]草間さかえ

迷信話集 うつつのほとり [作]草間さかえ

■お坊ちゃまの田舎での発見  時は昭和初期。転地療養の母に連れられ都会から田舎の村にやってきた少年・敬(たかし)が、さまざまな体験を経て成長していくさまを描く——と書くと、甘酸っぱく郷愁を誘う世界と思われるかもしれない………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年09月22日

出落ちガール [作]鈴木小波

出落ちガール [作]鈴木小波

■激烈なタッチ、でも心温まる  ちょっと不思議な境遇や、奇妙な運命の中にある女子ばかりを描いた、オムニバス作品集。分野としては、SFやミステリーといっていい内容だ。  どの話も、彼女たちのおかれた境遇や身の上が尋常では………[もっと読む]

[文]ササキバラゴウ(まんが編集者) [掲載]2013年09月15日

わたしの宇宙(1) [作]野田彩子

わたしの宇宙(1) [作]野田彩子

■自分がいる世界はマンガ!?  マンガの登場人物が、その世界がマンガであることに言及する——それ自体は、さほど珍しくない。ギャグはもちろんストーリー系でも、たとえば「主人公なのに出番少ないなー」などと言ったりすることは………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年09月08日

ノベル―演―(1) [原作]野島伸司 [作画]吉田譲

ノベル―演―(1) [原作]野島伸司 [作画]吉田譲

■子役たちの苛烈な世界  子役って大変だ。たとえ下手でも野球やサッカーなら「頑張ったね」と褒められるのに、子役には「わざとらしい」などの酷評や、「遊ぶ時間もないなんて」など演技とは関係ないフィルターがつきまとう。彼らの………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2013年09月01日

カフェでよくかかっているJ‐POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生 [作]渋谷直角

カフェでよくかかっているJ‐POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生 [作]渋谷直角

■イタい女の姿をえぐり出す  おそらくマンガ史上最長タイトルの表題作は、歌手をめざす女(自称「カーミィ」)の奮闘ぶりを描く。というと感動のサクセスストーリーと勘違いされそうだが、もちろん違う。将来の夢を〈なんていうか…………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年08月18日

GBパーク [作]オノ・ナツメ

GBパーク [作]オノ・ナツメ

■ゲートボールで地元を描く  シンプルな線で奥行き豊かに人間を描き、多彩な作品を発表してきた著者が、今回選んだテーマはなんとゲートボールだ。登場するのは、孫がいてもおかしくない年頃のオジサンやオバサンたち。職業も性格も………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2013年08月11日

はじまりのはる(1) [作]端野洋子

はじまりのはる(1) [作]端野洋子

■福島の高校生の友情と覚悟  世の中には大声を出しても伝わらないことがあるし、静かなささやきのほうが伝わることもある。前者の典型が選挙カーなら、後者の好例が本作だ。  福島県中通り南部と近郊を舞台とした3編を収録。いず………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2013年08月04日

ソレミテ〈1〉 [作]小野寺浩二、石黒正数

ソレミテ〈1〉 [作]小野寺浩二、石黒正数

■心霊スポットを巡ったルポ  ふと気付くと、原稿を書く合間に怖い話や心霊スポットを検索していたりする。恐怖なんてものからは離れた所で暮らしていたいのに、「あそこは出るらしい」などと聞くと、湧き上がる興味を抑えられない。………[もっと読む]

[文]山脇麻生(ライター) [掲載]2013年07月21日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る