再読 こんな時 こんな本

再読 こんな時 こんな本

再読 こんな時 こんな本

土曜日朝刊に挟み込まれてくる別刷り紙面「be」に掲載。書店員が今話題のテーマでくくったオススメ3冊をご紹介。

バックナンバー:2011年

書店員に聞く 関西文化の薫り

書店員に聞く 関西文化の薫り

 千年以上の歴史がある古都・京都、庶民の活力みなぎる商都・大阪、異国情緒あふれる港町・神戸。個性的な三都を核に独自の文化圏を持つのが関西です。それぞれの都市から、一緒にせんといてや!という声が聞こえてきそうですが。 ■三………[もっと読む]

[文]吉川一樹 [掲載]2014年09月20日

書店員に聞く 遊園地VSテーマパーク

書店員に聞く 遊園地VSテーマパーク

 大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「ハリー・ポッター」の新エリアのお陰で大盛況だそうです。その一方で、幼少期の思い出がつまった小さな遊園地が、またつぶれたりはしないかと、ひそかに心配になります。 ■八重洲ブック………[もっと読む]

[文]寺下真理加 [掲載]2014年09月13日

書店員に聞く まちが消える

書店員に聞く まちが消える

 高齢化と人口減で、消滅の可能性がある集落や自治体が増えると聞き、高度経済成長下に物心ついた記者はギョッとしました。「まちが消える」って一体、どういうこと? 本に書かれた「消滅」を読むことで、考えてみました。 紀伊国屋書………[もっと読む]

[文]鈴木淑子 [掲載]2014年09月06日

書店員に聞く 長編小説に挑む

書店員に聞く 長編小説に挑む

 暑い夏がまだ続きます。何もしないでも、じわーっと汗がでる。セミもうるさい。でもこんなときこそ、開き直って、長い小説でも読んでみませんか。日常を離れ、脳内旅行を楽しむ。ちょっとした達成感も味わえます。 ■丸善津田沼店 小………[もっと読む]

[文]牧村健一郎 [掲載]2014年08月30日

書店員に聞く 和食の粋

書店員に聞く 和食の粋

 昨年12月、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。どこか誇らしい気持ちになるけれど、そもそも日本の食文化の伝統って何なのだろう? グルメじゃないあなたにも、和食の粋が味わえる読み物を紹介します。 ■有隣堂新………[もっと読む]

[文]山内浩司 [掲載]2014年08月23日

書店員に聞く 夏の異人たち

書店員に聞く 夏の異人たち

 青白いその姿は見てはならない。くぐもったその声は聞いてはならない。しかし、異界からの訪問者は不意うちのように立ち現れ、あいまいにささやきかけるのです。真夏のひととき、そんな異人たちを思い描いて涼みませんか。 ■恵文社一………[もっと読む]

[文]保科龍朗 [掲載]2014年08月09日

書店員に聞く これでいいのだ!?

書店員に聞く これでいいのだ!?

 「天才バカボン」などの傑作を生んだ漫画界の巨匠、赤塚不二夫。漫画に負けじと生き方そのものも抱腹絶倒のエピソードであふれている。今日が七回忌の赤塚。生きづらい世の中、「これでいいのだ」的な生き方も時にはいいのだ!? ■リ………[もっと読む]

[文]進藤健一 [掲載]2014年08月02日

書店員に聞く カリブ海の魅惑

書店員に聞く カリブ海の魅惑

 26日はキューバの革命記念日。61年前のこの日、革命軍が蜂起しました。旧ソ連は崩壊してもラテンの社会主義は残っています。夏の盛り、明るさとけだるさが同居するカリブ海の風を感じながら、しばし日常を離れてみてはいかが。 ■………[もっと読む]

[文]伊藤千尋 [掲載]2014年07月26日

書店員に聞く 手仕事の魅力

書店員に聞く 手仕事の魅力

 「手が機械と異(ことな)る点は、それがいつも直接に心と 繫 (つな)がれていること」(柳宗悦)。手仕事の魅力をお伝えする今回、こんな一節に出会い、ハッとしました。もう少し手を動かしてみようか。そんな気持ちが生まれるかも………[もっと読む]

[文]佐々波幸子 [掲載]2014年07月19日

書店員に聞く 山に挑む

書店員に聞く 山に挑む

 夏山シーズンがやってきました。富士山や日本アルプスに登ろうと計画している方もいるでしょう。さまざまな恵みを与えてくれる山は、時に人を厳しく拒みます。山をやる人もやらない人も、奥深い山の世界をのぞきませんか。 ■ブックフ………[もっと読む]

[文]吉川一樹 [掲載]2014年07月12日

書店員に聞く 弱き、儚き者の視点

書店員に聞く 弱き、儚き者の視点

 政治家たちが「強い日本」と叫ぶたび、「強くない人間は虐げられるのでは」と心配が募ります。福澤さんは「人間はみな弱くて儚(はかな)い存在。でも、その弱さを見つめることが、したたかに生きることにつながるはず」と言います。 ………[もっと読む]

[文]寺下真理加 [掲載]2014年07月05日

書店員に聞く あらためて漱石

書店員に聞く あらためて漱石

 漱石が読まれています。本紙が4月から100年ぶりに「こころ」の連載を始めると、予想以上の反響でした。草の根ファンの熱い支持に、驚きました。そこで、今回、あらためて漱石作品をひもといてみました。 ■八重洲ブックセンター八………[もっと読む]

[文]牧村健一郎 [掲載]2014年06月28日

書店員に聞く 通貨って何?

書店員に聞く 通貨って何?

 今年2月に起きた「ビットコイン」騒動は、経済オンチにも「通貨ってそもそも何?」という疑問を抱かせました。思えば、なぜ人間はこれほど「お金に支配」されてしまうのか。そんな通貨をめぐる読み物を選んでもらいました。 ■紀伊国………[もっと読む]

[掲載]2014年06月21日

書店員に聞く お疲れ、タモさん

書店員に聞く お疲れ、タモさん

 「笑っていいとも!」が終わり、タモリなきお昼の気だるい喪失感に襲われる「タモロス」があるのなら、ご本人も手持ちぶさたで身もだえしているかも。そんなタモさんに読ませてあげたい本を紹介していいかな? いいとも! ■丸善津田………[もっと読む]

[文]保科龍朗 [掲載]2014年06月14日

書店員に聞く 地中海の魅惑

書店員に聞く 地中海の魅惑

 青空と紺碧(こんぺき)の海、白壁の家とオリーブの木をぬって肌をなでるそよ風。地中海といえばこんなイメージが浮かびます。うっとうしい梅雨、せめて気分だけでも日本を脱出したい。ここに紹介する本を読めば、気分はすでに夢の地へ………[もっと読む]

[文]伊藤千尋 [掲載]2014年06月07日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る